calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

categories

archives

Links

 

理系英語マラソン 基礎コース インプット・ラボ

サンワサプライ、USB Type-Cコネクターが付いたUSBメモリー

0

     サンワサプライは、USB AコネクターとUSB Type-Cコネクターの両方を備えたコンパクトなUSBメモリー「UFD-3TC」シリーズを発売した。16GB、32GB、64GBの容量ラインナップがある。

     

     「UFD-3TC」シリーズは、片方にUSB Aコネクター、もう片方にUSB Type-Cコネクターを搭載したコンパクトなUSBメモリー。どちらのコネクターでもUSB 3.1 Gen1に準拠しており、対応機種との間では最大5Gbpsの高速データ転送が行える。

     

     USB Type-Cコネクターを搭載するスマートフォンに装着できる。また、USB Aコネクターを利用してPCにも装着が可能。付属のキャップはどちらのコネクターにも対応し、使わないコネクターを保護できる。本体にはストラップホールも設けられている。

     

     

    ニュースリリース
    https://www.sanwa.co.jp/news/201801/udf-3tc/index.html

     

    「UFD-3TC16GW」製品情報(16GB)
    http://sanwa.jp/pr/UFD-3TC16GW

     

    「UFD-3TC32GW」製品情報(32GB)
    http://sanwa.jp/pr/UFD-3TC32GW

     

    「UFD-3TC64GW」製品情報(64GB)
    http://sanwa.jp/pr/UFD-3TC64GW

     

     

     

     

     

     


     


    出張や旅行に! TP-Linkから11ac対応の小型ホテルルーター

    0

       ティーピーリンクは、出張や旅行に最適なホテルルーター「TL-WR902AC」を2018年1月15日に発売する。

       「TL-WR902AC」は、Wi-FiのIEEE802.11acをサポートした小型の無線LANルーター。出張や旅行先などで便利に使えるとする。電源用の端子はmicroUSBで、ACアダプターかモバイルバッテリーを接続して駆動する。

       

       本体には10/100MbpsのWAN/LANポートを1つ搭載。5つの動作モードが利用できる。

       1.「ルーターモード」では、ホテルなどにあるインターネットにつながったLANケーブルを接続することで、無線LANルーターとして利用できる。

       2.「ホットスポットモード」では公衆無線LANサービスに接続して、「TL-WR902AC」にLANケーブルで接続したノートパソコンや、スマートフォンなどの無線LAN機器をインターネットに接続できるようにする。

       3.「中継器モード」では、自宅等でWi-Fiのエリアを拡大できる。

       4.「クライアントモード」ではテレビなどの有線LAN機器を無線LANで接続できるようになる。

       5.無線アクセスポイントとして利用する「ブリッジモード」。

       

       また本体にはUSB A端子を装備しており、USBのストレージなどを接続すれば、ブラウザ経由でのファイル共有が可能。外部機器への給電(5V 1A)も行える。IPv6パススルーに対応している。

       

       

       対応方式はIEEE802.11a/b/g/n/ac。無線LAN側の通信速度は11n(2.4GHz)で下り最大300Mbps、11ac(5GHz)で下り最大433Mbps。

       

       大きさは約74×67×22mm、重さは約70g。保証期間は3年間。

       

       

       

      「TL-WR902AC」製品情報
      http://www.tp-link.jp/products/details/cat-9_TL-WR902AC.html

       

       

       

       




      LINE、送信取消機能の提供を開始 LINE誤爆は、あわてずに「取消機能」

      0

         LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」で、送ったメッセージを取り消せる「送信取消」機能の提供を開始した。

         

         送信取消機能では、テキスト、スタンプ、画像、動画、ボイスメッセージ、URL、LINE MUSIC、連絡先、位置情報、ファイル、通話履歴を削除できる。いずれも24時間以内に送ったものが対象で、既読・未読を問わず、グループトークや複数人のトークのメッセージでも削除できる。スマートフォン版とデスクトップ版でも利用できる。ただしChrome版では取り消しできないため、他のデバイスから利用する形。またスマートフォンへの通知メッセージは取り消しできない。

         

         削除する際には、消したいメッセージを長押しし、そこで表示されるメニューから「送信取消」を選ぶだけ。送信者には取り消したことが通知される。

         早速試してみたら、ちゃんと削除されました。「メッセージの送信を取り消しました」って

        出ちゃうのがなんとも・・・・・

         

         

         

        LINE公式ブログでの案内
        http://official-blog.line.me/ja/archives/73556750.html

         




        Fossil、心拍センサー搭載のスマートウォッチを発売

        0


           Fossilといえば、10年以上前にニューヨークのデパートでパスケースを購入したのがはじまりで、結構お気に入りでその後、米Amazonで購入したこともありました。ずっとFossilは皮革製品を中心としたファッションアイテムのブランドだと思っていましたが、昔から腕時計も手掛けていたんですね!

           

           そんなFossilから心拍センサー搭載のスマートウォッチ「Vapor(ヴェイパー)」が12月8日に発売されます。


           Vaporは、タッチスクリーンのAMOLEDディスプレイを備えるAndroid Wear 2.0のスマートウォッチ。4GBのストレージを内蔵しており、音楽アプリとBluetoothイヤホンを使えばスマートフォンなしでも音楽を楽しめる。スマートフォン側ではMISFITアプリで、活動量をチェックできます

           ブラックステンレススティールケース×ブラックシリコンストラップ、ローズゴールドステンレススティールケース×ネイビーシリコンストラップの2種類をラインアップ。Amazon.co.jp限定でステンレススティールケース×ブラックシリコンストラップも用意される。

           

            大きさは直径44mm、厚さ13.5mm、ストラップ幅は20mm。50m防水性能を備える。

           

           

           

          フォシル・ジャパン
          https://www.fossil.com/jp/ja.html

           




          iPhoneの容量不足を解消するUSBメモリ

          0
            ◆Amazonダイエットストア
            ◆DMM mobile
            ◆Amazonファッションファイナルセール

             iPhoneにはSDカードが入らない、ということは撮りためた写真で内蔵ストレージがいっぱいになったら消すか、クラウドに転送するしか手がないのだが、クラウドも無料なのは5Gbyteまで、追加の料金を払うのもくやしいし・・・・。

             

             そんな悩みを解消するのが「DataTraveler Bolt Duo」。iPhone や iPad のために設計されました。「Live in the moment、この瞬間で生きる」というコンセプトで、いつでもどこでもその一瞬を思い出にできる。iPhone や iPad USBメモリとして、アップルデバイスの容量不足を解消。Bolt を接続、Bolt アプリをダウンロードして、カメラロールをバックアップしましょう。

             

             容量は32GB、64GB、128GBの4種類。キーホルダーに付けて持ち運べば忘れることなし!

             

             

             

             

             




            JBLから最大音量を制限した仕様の子供向けヘッドホン発売

            0
              ◆毎日チェックAmazonタイムセール
              ◆Amazonダイエットストア
              ◆Amazonファッションファイナルセール

               ハーマンインターナショナルは、「JBL」ブランドの子供向けヘッドホン「JR300」「JR300BT」の2製品を12月1日に発売する。JBLといえば私のようなおじさん世代には憧れのブランドだが、こんなカラフルでかわいらしいヘッドホンがJBLブランドで発売されるなんて、時代ですね!

               

               「JR300」(ジュニア300)は、安全性やデザインで子供向けの仕様としたヘッドホン。安全面では、最大音量が85dB未満に制限する仕様を採用。デザイン面ではビビッドなカラーの組み合わせとラインナップが特徴で、デザインをカスタマイズできるシールもパッケージに同梱される。ボディは大人向けよりも一回り小型で、折りたたみも可能になっている。カラーはレッド/ブルー、クリアブルーの2種類をラインナップする。ケーブル長は1m。

               

               

               

               

               

               「JR300BT」はBluetoothによる無線接続モデルで、最大約12時間の音楽再生が可能。10分間の充電で1時間分再生ができる急速充電にも対応している。本体イヤーカップ部分にボタンを搭載、音楽再生の操作やハンズフリー通話の応答が可能。カラーはピンク、ブルー/オレンジ、ティール/パープルの3種類をラインナップする。内蔵のリチウムイオン充電池はUSBケーブルで充電する。

               

               どちらのモデルも密閉型でドライバーは32mm径のダイナミックドライバー。周波数特性は20Hz〜20kHz。重さは約108g。

               

               

               

               

               

              ニュースリリース
              https://www.harman-japan.co.jp/info/news/release/20171122_1/

               




              スマホ写真のバックアップが超簡単に!

              0

                 最近のスマートフォンは一昔前のコンパクトデジカメと同等以上の写真を撮ることができるので、写真撮影はもっぱらスマートフォンという人が増えてきたのではないだろうか(私がそうだ)。

                 そこで困るのが撮った写真のバックアップ。microSDに対応しているスマートフォンだったらそれを使えばよいが、最近のスマートフォンはmicroSDに対応していない機種も増えてきた。

                 

                 microSDに対応しなくなったのは、クラウドサービスを使えば問題ないということなのだろう。しかし、デジカメやガラケーしか使ったことのないシニアには敷居が高くて使えないのが現状だ。ましてや家族や友人との共有なんてとんでもない(笑)ことです。スマートフォンから送られてくる孫の写真がなくならないうちにバックアップしたいものです。

                 

                 そんなユーザーにピッタリなのが、レキサーの「JumpDriveC20c」という製品だ。スマホユーザーなら見慣れた短いUSBケーブルを2つ折りにした形状で、引き伸ばすと、両端のUSB Type-AとUSB Type-Cプラグを含めて約145mmの充電ケーブルとして使える。

                 

                 「JumpDrive C20c」が一般的な充電ケーブルやデータ転送ケーブルと異なるのは、Type-Aプラグの中にストレージ機能が入っていることだ。筆者の購入したモデルは64GBのストレージ機能が入っており、32GBモデルや128GBモデルも用意されている。簡単に言ってしまえば、USB充電ケーブルの格好をした“USBドライブ”なのだ。

                 

                  これを使うと嬉しいことは、転送が早いこと。データ転送用のUSBケーブルでスマホからパソコンに吸い上げるよりはるかに高速です。そしてJumpDriveに吸い上げた写真をパソコンのUSBポートに挿入してパソコンにも転送できるのです。これなら家族や仲間のスマホからも写真を掻き集めることもできますね!

                 

                Lexar JumpDrive C20c 64GB USBフラッシュドライブ LJDC20c-64GBBJP
                ¥ 2,499
                LEXAR MEDIA INC

                 

                 

                Lightningコネクタ対応のiPhone用もあります!

                 

                Lexar JumpDrive C20i USBフラッシュドライブ 64GB (USB3.0、iPhone Lightningコネクタ対応、最大読込95MB/s、最大書込10MB/s) LJDC20i-64GBBJP Apple認証 (Made for iPhone取得)
                ¥ 4,399
                LEXAR MEDIA INC

                 

                 


                 


                「Amazon Echo」は通勤サラリーマンの必需品かも?!

                0

                   いよいよ日本でも発売を開始したアマゾンの「Amazon Echo」だが、首都圏通勤者の必需品になるかもしれない!

                   

                   これは、スマートスピーカー「Echo」が、JR東日本の遅延情報のお知らせに対応することになったからだ。JR東日本管内の在来線及び各新幹線の列車の運行情報を音声で提供するというもの。

                   

                   具体的にはAmazon Echoに向かって「アレクサ、JR東日本を開いて」と話し掛けることでサービスが起動し、路線名を尋ねてくるので、それに対して「山手線」「中央線」などと答えると、その路線の列車運行情報を音声で教えてくれるというもの。これまでスマホなどで検索していた情報を音声に置き換えたサービスとなるが、身支度をしながらハンズフリーで確認できるのはなかなか便利そう。また、よく使う路線を登録しておけば、路線を毎回指定しなくても運行情報を教えてくれる機能もあるようだ。現在はまだ試行段階で、正式版のリリースは2018年を目指すとしているが、出来いかんによっては、Amazon Echoが首都圏在住者の必需品になることもありそうだ。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  東日本旅客鉄道株式会社
                  http://www.jreast.co.jp/press/2017/20171112.pdf




                  cheeroから2万mAhのモバイルバッテリー、USB Type-C入出力やQC 3.0対応

                  0

                     cheeroから最新版のモバイルバッテリーが11月14日に発売された。超大容量2万mAhのモバイルバッテリーでUSB Type-C入出力やQC 3.0対応している。

                     

                     「cheero Power Elite 20100mAh」(CHE-088)はQuick Charge 3.0対応のUSB A端子と、入出力対応のUSB Type-C端子を装備。リチウムイオンバッテリーを搭載し、容量は2万100mAh。iPhone 7/8なら約6回分、Galaxy S7/S8でも約4回分の充電が可能。

                     

                     USB Type-C端子は入力が最大5V 2.5A、出力が最大5V 3A(AUTO-IC)。USB A端子と同時に出力(最大15W)も可能。過充電、過放電、発熱、ショートの各保護機能を備える。残量インジケーターは4段階。外装はアルミ製で、シンプルなデザインに仕上げられている。

                     

                     

                     

                     

                    製品情報
                    http://www.cheero.net/products/power_elite/

                     




                    エレコム、DXアンテナの協力でWi-Fi高速化

                    0

                       エレコムは、IEEE 802.11ac/n/a/g/b対応の無線LANルーター「WRC-2533GST」を発売した。エレコムによれば、2017年3月に子会社化したDXアンテナ株式会社のノウハウにより、5/2.4GHz帯用にそれぞれ4本搭載する送受信アンテナを改良。前モデル「WRC-2533GHBK2-T」と比較し、3階建ての戸建て住宅で1階に設置したアクセスポイントへの通信速度が、2階と3階で最大81%、平均では32%向上しているという。

                       

                       最大通信速度(規格値)は11ac使用時で最大1733Mbps、11n使用時で800Mbps。MU-MIMOに対応しており、最大4台の端末との同時通信が可能。また、デュアルコアCPUの搭載により、5GHz帯と2.4GHz帯の同時通信時の処理負荷を軽減している。このほか、対応端末に集中的に電波を送信することで、電波が届きにくい場所での通信の安定性を向上する「ビームフォーミングZ」に対応する。

                       

                       

                       

                       

                       また、トレンドマイクロ株式会社のセキュリティ技術「Trend Micro Smart Home Network」を搭載。脆弱性を突く攻撃や、C&Cサーバーへの接続をブロックする機能を備えており、セキュリティソフトがインストールできないテレビ、STB、エアコン、ネットワークカメラなどを脅威から防御できる。

                       

                       

                       

                       

                       動作モードはルーターのほか、アクセスポイント、子機、中継器に対応。有線ポートはギガビット対応のWAN×1ポート、LAN×4ポート。本体の大きさは141.0×36.5×160.0mm(幅×奥行×高さ)、重さは約380g。

                       

                      製品ページ
                      http://www2.elecom.co.jp/products/WRC-2533GST.html

                       

                       

                       

                       

                        同様に、DXアンテナの技術でWi-Fiを高速化、トレンドマイクロのセキュリティ技術を搭載した11acルーターの廉価版「WRC-1900GST」を11月下旬に発売する。

                       

                        WRC-1900GSTは、5GHz帯/2.4GHz帯用にそれぞれ3本搭載する送受信アンテナを改良。前機種「WRC-1900GHBK-S」と比較し、3階建て戸建て住宅で1階に設置したアクセスポイントへの実測スループットが2階・3階で113%向上、1階を含めると平均123%向上(前機種172Mbpsに対し、新機種384Mbps)しているという。

                       

                       

                       

                        最大通信速度(規格値)は5GHz帯で1300Mpbs(11ac使用時)、2.4GHz帯で600Mbps(11n使用時)。MU-MIMOに対応しており、最大3台の端末との同時通信が可能。デュアルコアCPUを搭載しており、各帯域ごとの同時通信時の処理負荷を軽減している。このほか、ビームフォーミングZに対応する。

                       

                       

                       また、トレンドマイクロのセキュリティ技術「Trend Micro Smart Home Network」の機能を搭載するのは「WRC-2533GST」と同様。

                       

                       

                      プレスリリース
                      http://www.elecom.co.jp/news/201711/wrc-1900gst/

                       

                       




                      << | 2/154PAGES | >>