calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories

archives

Links

 

理系英語マラソン 基礎コース インプット・ラボ

日本の通信料金は高いのか!? 総務省が世界7都市の通信料を比較

0

     総務省は、平成25年度の通信サービスの内外価格差の調査を行い、結果を公表した。対象は東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ストックホルム、ソウルの7都市。比較対象は「ブロードバンド」、「携帯電話」、「固定電話」について価格差の調査が行われている。調査は代表的な利用モデルを構築した上で比較しており、利用形態が異なると料金も異なることから、あくまで指標のひとつとして捉えるべきとしている。

    ○ スマートフォンユーザについて
     調査結果の概要によると、スマートフォンについては、データ通信量において、月間で2GB程度になる人を「一般ユーザー」、500MBを「ライトユーザー」として、2つのモデルに分類された。

    ・ 一般ユーザでは東京は7,263円であり、7都市中4番目に安い(最安…ストックホルム:4,313円、最高…ニューヨーク:10,308円)。
    ・ ライトユーザでは東京は7,263円であり、7都市中6番目に安い(最安…ソウル:3,493円、最高…ニューヨーク:8,018円)。

    東京の一般ユーザーはそこそこ、ライトユーザーはニューヨークに次ぐ高めの結果になった。

    ○ フィーチャーフォンユーザについて
     音声通話のみの利用で比較したフィーチャーフォン
    東京は1,578円であり、7都市中2番目に安い(最安…ロンドン:1,553円、最高…ニューヨーク:4,009円)。

    ○ FTTHについて、1Mbps当たりに換算して比較すると、
    ・ 東京1(戸建て向け)は27.5円であり、7都市中2番目に安い(最安…ロンドン:23円、最高…ニューヨーク:88.9円)。

    ・ 東京2(集合住宅向け)は16円であり、7都市中最も安い(最安…東京:16円、最高…ニューヨーク:88.9円)。
    また、月額料金については、
    ・ 東京1は5,500円であり、7都市中5番目に安い(最安…ストックホルム:3,222円、最高…ニューヨーク:13,338円)。
    ・ 東京2は3,200円であり、7都市中最も安い(最安…東京:3,200円、最高…ニューヨーク:13,338円)。

    調査で明らかにされた内容のうち、携帯電話については、日本のユーザーの利用実態をもとにモデルを設定、ポストペイド型プランの料金で比較されている。

     比較された各国の通信キャリアは、その国で最もシェアの高いキャリアで、東京はNTTドコモ、ニューヨークはVerizon Wireless、パリはOrange France、ロンドンはEE、デュッセルドルフはT-Mobile、ストックホルムはTelia Sonera、ソウルはSK Telecomとなっている。料金プランは、東京のドコモのスマートフォンは「タイプ Xi にねん」「Xi パケ・ホーダイライト」、フィーチャーフォンは「タイプ S バリュー」で、「ファミ割 MAX50」が適用されたもの。

     月間の利用実態をもとにしたモデルは、スマートフォンは音声通話が47分、メールを338通(送信159通)となっており、データ通信の利用実態から、月間2GBの一般ユーザー、月間500MBのライトユーザーの2つに分類されている。フィーチャーフォンは音声通話の利用のみで比較し、音声通話は82分となっている。

     調査結果をみると、東京のスマートフォンは平均的、フィーチャーフォンは激安、ブロードバンド(FTTH)も激安と通信料金全般では安い傾向が明らかになっている。それにしてもニューヨークはなにをとっても高いですね!

    Worldryoukin766


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.06.12 Wednesday
      • -
      • 00:40
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック