calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

Links

 

理系英語マラソン 基礎コース インプット・ラボ

エレコム、DXアンテナの協力でWi-Fi高速化

0

     エレコムは、IEEE 802.11ac/n/a/g/b対応の無線LANルーター「WRC-2533GST」を発売した。エレコムによれば、2017年3月に子会社化したDXアンテナ株式会社のノウハウにより、5/2.4GHz帯用にそれぞれ4本搭載する送受信アンテナを改良。前モデル「WRC-2533GHBK2-T」と比較し、3階建ての戸建て住宅で1階に設置したアクセスポイントへの通信速度が、2階と3階で最大81%、平均では32%向上しているという。

     

     最大通信速度(規格値)は11ac使用時で最大1733Mbps、11n使用時で800Mbps。MU-MIMOに対応しており、最大4台の端末との同時通信が可能。また、デュアルコアCPUの搭載により、5GHz帯と2.4GHz帯の同時通信時の処理負荷を軽減している。このほか、対応端末に集中的に電波を送信することで、電波が届きにくい場所での通信の安定性を向上する「ビームフォーミングZ」に対応する。

     

     

     

     

     また、トレンドマイクロ株式会社のセキュリティ技術「Trend Micro Smart Home Network」を搭載。脆弱性を突く攻撃や、C&Cサーバーへの接続をブロックする機能を備えており、セキュリティソフトがインストールできないテレビ、STB、エアコン、ネットワークカメラなどを脅威から防御できる。

     

     

     

     

     動作モードはルーターのほか、アクセスポイント、子機、中継器に対応。有線ポートはギガビット対応のWAN×1ポート、LAN×4ポート。本体の大きさは141.0×36.5×160.0mm(幅×奥行×高さ)、重さは約380g。

     

    製品ページ
    http://www2.elecom.co.jp/products/WRC-2533GST.html

     

     

     

     

      同様に、DXアンテナの技術でWi-Fiを高速化、トレンドマイクロのセキュリティ技術を搭載した11acルーターの廉価版「WRC-1900GST」を11月下旬に発売する。

     

      WRC-1900GSTは、5GHz帯/2.4GHz帯用にそれぞれ3本搭載する送受信アンテナを改良。前機種「WRC-1900GHBK-S」と比較し、3階建て戸建て住宅で1階に設置したアクセスポイントへの実測スループットが2階・3階で113%向上、1階を含めると平均123%向上(前機種172Mbpsに対し、新機種384Mbps)しているという。

     

     

     

      最大通信速度(規格値)は5GHz帯で1300Mpbs(11ac使用時)、2.4GHz帯で600Mbps(11n使用時)。MU-MIMOに対応しており、最大3台の端末との同時通信が可能。デュアルコアCPUを搭載しており、各帯域ごとの同時通信時の処理負荷を軽減している。このほか、ビームフォーミングZに対応する。

     

     

     また、トレンドマイクロのセキュリティ技術「Trend Micro Smart Home Network」の機能を搭載するのは「WRC-2533GST」と同様。

     

     

    プレスリリース
    http://www.elecom.co.jp/news/201711/wrc-1900gst/

     

     




    スポンサーサイト

    0
      • 2017.12.13 Wednesday
      • -
      • 01:15
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック