calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

Links

 

理系英語マラソン 基礎コース インプット・ラボ

iOS 11.1 リリース いよいよ年貢の納め時

0


     今までアップデートの誘惑を断ってiOS9.Xを使い続けてきたが、今回はアカン!

    アップルがiOS11.1をリリースした、今回のアップデートの主な改良点はWPA2の脆弱性「KRACKs」の修正だからだ。

     

     KRACKsは、広範な無線LAN機器で利用されているWPA2/WPAにおいて、アクセスポイント接続時のハンドシェイク処理における脆弱性。クライアント(Wi-Fi子機)側のソフトウェアやファームウェアをアップデートすることで対処が可能だ。iOSへの対処が今回のiOS11.1で行われたというわけだ。

     KRACKsへ対処するにはどうしてもiOS11.1にしないといけない。今回が年貢の納め時というのはそういう理由からだ。

     

     しかたないので早速アップデートしてみる。iOS9.xからiOS11.1へとiOS10.xを飛ばすかたちになる。iOS10.xは既にダウンロード済となっていた。今すぐアップデートするを選んで実行してみたが、案の定「インターネットに接続されてないので認証できません」となる。Wi-Fiとモバイル経由と両方試すが確かにネットに繋がっている。ひょっとしてダウンロード済のファイルがiOS10.xと古すぎるのがいけないのかということで、ダウンロード済ファイルを削除してからアップデートを行うことで無事終了した。

     

     やっぱり、アップデートがリリースされたら即実行した方がよさそうですね!

     今回のアップデートでは、KRACKsのほか、カーネルにおいてリモートからコードを実行できる(RCE)脆弱性「CVE-2017-13799」や、ロック画面から認証を経ずに端末の一部データにアクセスできてしまうメッセージアプリ(CVE-2017-13844)とSiri(CVE-2017から13805)の脆弱性、WebKitにおける13件など、CVE番号ベースで計20件の脆弱性が修正されている。

     

     

     

     アップデートの対象となるのは、iPhone 5s以降、iPad第5世代以降、iPad mini 2以降、iPod touch第6世代以降。今回のアップデートは、各種の不具合の修正もあるが、「Unicode 10」の絵文字を70以上追加されているのがうれしい。

     

     追加される絵文字は、食べ物、動物、伝説上の生き物、衣服関連品、より表現豊かなスマイリーフェイス、性別による区別のないキャラクターなど。

     

    iOS 11.1 更新の案内
    https://support.apple.com/ja-jp/HT208067

     

    About the security content of iOS 11.1
    https://support.apple.com/ja-jp/HT208222

     

     




    スポンサーサイト

    0
      • 2017.12.13 Wednesday
      • -
      • 00:20
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック