calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

Links

 

理系英語マラソン 基礎コース インプット・ラボ

ファーウェイ、SIMフリースマートフォン「Ascend Mate7」「Ascend G620S」12月12日発売

0
    ホテルルータ 無線LAN中継器
    モバイル・バッテリー MVNO・格安SIM

    ◆トクする仕組みが入ったスマホ、ニフティの「NifMo」
    ◆Amazonクリマスギフトセレクション2014


     ファーウェイ・ジャパンが販売する、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「Ascend Mate7」「Ascend G620S」の発売日が12月12日に決まった。

     価格はオープン価格で、販売予想価格は「Ascend Mate7」が4万9800円(税抜)、「Ascend G620S」が2万1800円(税抜)。家電量販店やオンラインショッピングサイト、MVNOを通じて販売される。一部店舗では12月4日から予約の受け付けが開始されている。

      「Ascend Mate7」はファーウェイのフラッグシップモデルとして発表された。Super 6インチ FHD LTPS ディスプレイ搭載や、指紋認証センサー、1300万画素カメラ、デュアルアンテナ設計、LTEのCategory 6のサポート、デュアルアンテナ設計、大容量4100 mAhの高濃度リチウムポリマー電池、薄型のボディなどが特徴。Hisilicon Kirin 925 オクタコア 1.8GHz / 1.3GHzのCPUを搭載。OSはAndroid 4.4 。RAMは2GBでROMは16GB。

     

      「Ascend G620S」はフィーチャーフォンからの乗り換えや、スマートフォン初心者に向けたというモデル。5インチHD IPS(1280×720)のRetinaディスプレイを搭載し、LTEに対応。Qualcomm MSM8916の1.2GHz駆動のクアッドコアCPUを搭載する。OSはAndroid 4.4 。RAMは1GBでROMは 8GB。

    Huawei SIMフリースマートフォン Ascend P7(ブラック)(LTE対応) ASCEND P7 L10/BK

    ¥ 42,984   Amazonで購入する。

    Huawei

    Huawei SIMフリースマートフォン Ascend G6(ホワイト)(LTE対応) ASCEND G6 L22/W
    ¥ 20,970  Amazonで購入する。
    Huawei

    製品情報(Ascend Mate7)
    http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/features/mate7-jp.htm
    製品情報(Ascend G620S)
    http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/features/g620s-jp.htm


    激安スマホ、「NTTコムストア by goo Simseller」でSIMカード込みで2万2500円

    0

       NTTレゾナントは、SIMロックフリーでZTE社製のAndroidスマートフォン「Blade Vec 4G」のホワイトを発売する。NTTコミュニケーションズとの共同運営しているWebサイト「NTTコムストア by goo Simseller」の特設コーナーで販売されている。価格は、「OCN モバイル ONE」のSIMカードをセットで2万2500円(税込)。

       「Blade Vec 4G」は、ZTE社製のAndroidスマートフォン。8月にgoo Simsellerで、ブラックが発売されたが、予定よりも早く完売し、再販を求める声が多かった。今回はその第2弾として、ブラックとホワイトの2色を揃えて販売することとなった。

       【「Blade Vec 4G」の主な仕様】
      5インチ(1280×720ドット)のIPS液晶ディスプレイにAndroid 4.4、1.2GHz駆動のクアッドコアCPU、1GBのメモリ、16GBのストレージを搭載する。カメラは800万画素。バッテリー容量は2300mAh。対応周波数は、LTEは800/1700/2100MHz、W-CDMAは800/2100MHz。Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0をサポートする。本体サイズは142.3×70.4×7.8mmで、重さは約132g。MicroSDスロットが無いのがちょっと痛い!(その分クラウドサービスがセットなんだけどね)。

       パッケージとして販売され、本体とNTTコミュニケーションズのSIMカード「OCN モバイル ONE」が同梱されている。セット内容は、「OCN モバイル ONE」月額900円(税抜)〜、IP電話サービス「050 plus」月額150円(税抜)、64GBのクラウドサービスと、初期設定や使い方などの問い合わせを受け付ける電話サポートを含む「マイポケットプラス」月額500円(税抜)。これらは、別途NTTコミュニケーションズから毎月請求されることになる。

       パッケージ販売だけしか扱っていないが、「OCN モバイル ONE」は、「しばり」も「解約手数料」もないので、即解約すれば22,500円で端末が手に入ることになる。

      販売サイト「goo Simseller」
      http://store.ntt.com/p/set/mone_zte


      激安スマホ、「NTTコムストア by goo Simseller」でSIMカード込みで2万2500円

      0

         NTTレゾナントは、SIMロックフリーでZTE社製のAndroidスマートフォン「Blade Vec 4G」のホワイトを発売する。NTTコミュニケーションズとの共同運営しているWebサイト「NTTコムストア by goo Simseller」の特設コーナーで販売されている。価格は、「OCN モバイル ONE」のSIMカードをセットで2万2500円(税込)。

         「Blade Vec 4G」は、ZTE社製のAndroidスマートフォン。8月にgoo Simsellerで、ブラックが発売されたが、予定よりも早く完売し、再販を求める声が多かった。今回はその第2弾として、ブラックとホワイトの2色を揃えて販売することとなった。

         【「Blade Vec 4G」の主な仕様】
        5インチ(1280×720ドット)のIPS液晶ディスプレイにAndroid 4.4、1.2GHz駆動のクアッドコアCPU、1GBのメモリ、16GBのストレージを搭載する。カメラは800万画素。バッテリー容量は2300mAh。対応周波数は、LTEは800/1700/2100MHz、W-CDMAは800/2100MHz。Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0をサポートする。本体サイズは142.3×70.4×7.8mmで、重さは約132g。MicroSDスロットが無いのがちょっと痛い!(その分クラウドサービスがセットなんだけどね)。

         パッケージとして販売され、本体とNTTコミュニケーションズのSIMカード「OCN モバイル ONE」が同梱されている。セット内容は、「OCN モバイル ONE」月額900円(税抜)〜、IP電話サービス「050 plus」月額150円(税抜)、64GBのクラウドサービスと、初期設定や使い方などの問い合わせを受け付ける電話サポートを含む「マイポケットプラス」月額500円(税抜)。これらは、別途NTTコミュニケーションズから毎月請求されることになる。

         パッケージ販売だけしか扱っていないが、「OCN モバイル ONE」は、「しばり」も「解約手数料」もないので、即解約すれば22,500円で端末が手に入ることになる。

        販売サイト「goo Simseller」
        http://store.ntt.com/p/set/mone_zte


        Covia、デュアルSIM対応の5インチスマホ「FLEAZ F5」を1万8880円で販売

        0

           コヴィア・ネットワークスは、5インチのIPS液晶ディスプレイを搭載するAndroid 4.4搭載スマートフォン「FLEAZ F5」を8月下旬に発売する。同社直販サイトでの価格は1万8800円(税抜)。3G方式対応で、2つのSIMカードを装着できるデュアルSIMスロットを装備したSIMロックフリーのスマートフォンとなる。

          Fleaz_f5300

           「FLEAZ F5」は、コヴィアの新ブランド「FLEAZ」シリーズの第1弾となるAndroidスマートフォン。1.2GHz駆動のクアッドコアプロセッサ、1GBのメモリ(RAM)、8GBのストレージ(ROM)を採用。ディスプレイは、5インチ、QHD(960×540ドット)サイズのIPS液晶で、背面に500万画素、前面に30万画素のカメラを搭載する。

           通信方式はW-CDMA方式とGSM方式をサポートし、LTEには非対応となる。NTTドコモのFOMAエリア(2100MHz)に加え、FOMAプラスエリア(800MHz)にも対応。郊外や山間部なども含めた日本国内の幅広い地域で快適に利用できる。

           標準タイプのSIMカードと、microサイズのSIMカードを装着できるデュアルSIMスロットが用意されており、同時にW-CDMA方式のサービスを利用することはできないが、手動、あるいは時間帯によって、それぞれのSIMカードで契約したプランを切り替えて利用できる。

          Fleazdual300

           大きさは141×72×9.2mm、重さは約145g。バッテリーは2000mAh。Bluetooth 4.0対応で、Wi-FiテザリングとBluetoothテザリングが利用でき、モバイルルーター代わりに利用できる。ただし通信サービスによってはテザリングが利用できないこともある。

           現在地測定としてAGPS方式に加えて、準天頂衛星システムもサポートする。利用するには専用アプリが必要となるが、今後、コヴィアでは準天頂衛星システムへの対応を進めていく方針。


           


          OCN、「OCN モバイル ONE」と「LG G2 mini」のセット販売を開始

          0

            Ocng2mini334  MVNO各社からSIMロックフリーAndroidスマートフォン「G2 mini」と通信サービスをセットで提供するサービスが登場しているが、OCNからも「OCN モバイル ONE」において、「LG G2 mini」と初心者向けの電話サポートをセットにした販売を開始した。端末代込みで、利用料は24カ月までが月額2780円(税抜、以下同)、25カ月目からは月額1400円。同社のWebサイトおよびAmazon.co.jpで販売される。

             今回販売されるセットは、データ通信専用の「OCN モバイル ONE 50MB/日コース」(月額900円)と、Androidスマートフォンの「LG G2 mini LG-D620J」(24回払いで月額1380円)、電話サポートと64GBのクラウド保存機能を利用できる「マイポケット プラス」(月額500円)の3つがセットになったもの。

            Ocng2mini854

             「マイポケット プラス」を省き、データ通信用SIMカードと端末のみをセットにした月額2280円のプランも用意される。端末代金の支払いが終わる25カ月目以降は、「OCN モバイル ONE 50MB/日コース」の月額900円のみになる。

             オプションとしてIP電話の「050 plus」が月額150円で利用できるほか、SMS機能(月額120円)や「マイポケット プラス セキュリティパック」(月額700円)も用意される。「マイポケットプラス セキュリティパック」は、「マイポケット プラス」を契約している場合、差額として月額200円の追加になる。

             契約時の初期費用は3000円。申し込んだ月の基本使用料は無料。支払いはクレジットカードのみ。サービスの解約違約金はないが、端末は24回払いのみの提供で、24カ月以内の解約の場合、解約翌月に残金(1380円×残月数)が一括請求される。

             「G2 mini」は、LG製のAndroid 4.4搭載スマートフォン。4.7インチ、960×540ドットのディスプレイや800万画素カメラを搭載し、CPUは1.2GHz駆動のクアッドコア(Snapdragon 400)、ストレージは8GB、メモリは1GB、外部メモリーはmicroSD (最大32.0GB)となる。大きさが129×66×9.8mm、重さは121g。

                


            ハイホー、「hi-hoスマホ」第1弾として「G2 mini」8月1日スタート

            0

               ハイホーは、SIMカードとAndroidスマートフォンをセットで提供する新サービス「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with G2 mini【LTE】」を8月1日より提供する。「hi-hoスマホ」の第1弾としており、音声通話対応SIMカードとのセットで利用料は月額2980円(税抜、以下同)。またハイホーの親会社であるIIJでも「G2 mini」を取り扱う。

              G2mini200 「G2 mini」

               「G2 mini」は、LG製のAndroid 4.4搭載スマートフォン。4.7インチ、960×540ドットのディスプレイや800万画素カメラを搭載し、CPUは1.2GHz駆動のクアッドコア(Snapdragon 400)、ストレージは8GB、メモリは1GBとなる。大きさが129×66×9.8mm、重さは121g。

               国内のMVNOでは「G2 mini」が大人気のようで、BIGLOBEは9月に提供開始すし、日本通信もAmazon.co.jpを通じて8月1日より発売する。IIJでも家電量販店などを通じて販売する。

               月額料金は、ハイホーの新サービスである「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with G2 mini【LTE】」では、2280円となり、
              1.データ通信専用版(月額2280円 2年後933円)
              2.SMS対応版(月額2420円 2年後1073円)
              3.音声通話対応版(月額2980円 2年後1633円)
              の3種類から選べる。

              データ通信は、毎月1GB分、高速通信が利用できる。上限に達した場合の通信速度は最大200kbps。

                


              フリービット、「freebit mobile」でMNPのオンライン受付が開始に

              0

                Freebit93

                 フリービットは、「freebit mobile」において、新規契約者を対象としたMNPのオンライン受付を、7月10日から開始する。

                 
                 「freebit mobile」は、NTTドコモのMVNOによる3G通信が可能なSIMカードと、5インチのAndroidスマートフォン「PandA」を合わせて提供するサービス。これまでMNPの手続きは店舗のみで行っていたが、今回からオンラインでの申し込みができるようになった。同社では、まずは新規契約のみオンライン受付を開始、既存ユーザーからの受付は後日対応するとしている。

                 申し込みには、MNP予約番号とクレジットカードが必要。オンラインでの申し込みが完了してから3日以内に発送される。

                Freebit400

                freebit mobile公式サイト
                http://freebit.jp/


                日本通信の「スマホ電話SIMフリーData」、ヨドバシで格安スマホとセット販売

                0

                  Yodobashiset350

                   日本通信は7月10日(木)より音声通話機能付きのSIMカード「スマホ電話SIMフリーData」を、ヨドバシカメラ格安スマホとセット販売します。大手家電量販店のヨドバシカメラが、取り扱う全てのSIMフリー端末を格安スマホとして提供開始する。これにより、世界に遅れをとっていた日本の消費者も月額3000円代の"格安スマホ"を自由に選べる制度が完成したとしている。ヨドバシカメラ店頭または、yodobashi.comから購入できる。

                   販売開始時にはMNP対応はせず、後日MNP対応のSIMパッケージを用意されるとのこと。

                   「スマホ電話SIMフリーData」は、NTTドコモの通信網が利用できる高速データ通信に、音声通話機能を備えているSIMカード。

                  音声通話月額基本料 1,560円(税別)  通話料 20円(税別) /30秒
                  高速データオプション   1GB  340円(税別)(基本料と合計で1900円(税別))
                                                         2GB  950円(税別)(基本料と合計で2510円(税別))
                                                        3GB 1560円(税別)(基本料と合計で3120円(税別))
                                                         7GB 2420円(税別)(基本料と合計で3980円(税別))

                   
                  SIMパッケージ代は3240円だが、格安スマホとのセットで購入することで、お得になる。

                  Yodobashisimf712

                  ヨドバシカメラセット販売専用
                  http://www.bmobile.ne.jp/fd/yodobashiset.html


                  イオン、7月1日(火)より格安スマホ第2弾「イオンスマホ」スタート

                  0

                    Aeonbiglobe250

                     イオンは、スーパーのイオンで販売するスマートフォン「イオンスマホ」の第2弾を7月4日に発売する。7月1日から予約を受け付ける。利用料は、24回払いの端末代金込みで月額1980円。端末本体の価格は1万5120円で、一括払いで購入した場合、月額の利用料は通信サービスのみで月額1350円になる。総合スーパー「イオン」のほか、コンビニエンスストア「ミニストップ」51店舗で「イオンスマホ」を販売する。 販売する店舗数は合計全国447店舗になる。

                    Aeonsmapho400

                     通信サービスは、音声通話に対応したビッグローブの「BIGLOBE LTE・3G 音声通話スタートプラン」。ただし今回のイオンスマホは、LTEには対応していない。

                     端末の通信速度は下り最大14Mbpsに対応。月間通信容量は1GBで、超過時は128kbpsに制限される。直近3日間で120MBを超えた場合も通信速度が制限される場合がある。期間拘束型の契約ではなく、2年以内に解約しても解約金は発生しない。MNPにも対応する。

                     イオンスマホ第2弾の料金は、通信サービスが月額1350円。通話料は別途30秒につき20円が必要。端末代金は24回払いの場合で月額630円。端末が分割払いの場合、24カ月間は利用料が月額1980円になる。

                    イオンスマホとして販売される端末は3Gに対応し5インチディスプレイを搭載する「geanee FXC-5A」。ジェネシスホールディングスの独自ブランドの端末となっている。なお、24回払いはイオンカードでの支払いに限定される。また、ミニストップなど一部店舗では一括払いのみ。一括払いでの価格は1万5120円。


                    ビックカメラ他、格安スマホ「Ascend G6」を6月下旬から販売

                    0

                       ビックカメラ他量販店で、ファーウェイ製のSIMロックフリー端末「Ascend G6」を6月下旬より販売する。価格は2万9800円(税別)。販売されるのはビックカメラグループの各量販店(ビックカメラ、コジマ、ソフマップ)、ノジマ、エディオン。

                      G6300

                       

                       「Ascend G6」は、チップセットにクアルコムのMSM8926(クアッドコア、1.2GHz)、ストレージは8GB、メモリは1GB。4.5インチ、960×540ドットのディスプレイを装備し、メインカメラは800万画素となる。 OSはAndroid 4.3。

                       通信方式は、LTE(1950MHz/2140MHz、1747.5MHz/1842.5MHz)、W-CDMA(1950MHz/2140MHz、837.5MHz/882.5MHz)、GSM(850/900/1800/1900MHz)に対応し、国内ではNTTドコモのネットワークが利用できる。無線LANはIEEE802.11b/g/n対応で、Bluetooth 4.0をサポート。NFCにも対応する。

                       

                       バッテリー容量は2000mAhで、連続待受時間は約370時間、連続通話時間は約720分。大きさは131.2×65.3×7.85mm、重さは115g。ボディカラーはホワイトとブラックの2色。

                      【ビックカメラグループ】
                      ビックカメラグループは、現在ビックカメラとビックロ各店舗において提供しているオリジナルのSIMカード「BIC SIM」(IIJ)とのセット販売を予定している。料金プランは検討中とのこと。

                      【ノジマ】
                      ノジマおよび、ノジマモバイルの全店舗では、Ascend G6が販売される。端末のみ2万9800円(税別)での販売のほか、「ノジマスマホ」としてIIJが提供するオリジナルSIMカード「ELSONIC SIM」とのセット販売を行う。
                      ノジマスマホは、端末代+データ通信SIMカードで月額2272円(税込、初月のみ3256円)〜、端末代+音声通話付きSIMカードで月額3352円(税込)〜となる。SIMカードの購入代3240(税込)が別途となる。端末を2万9800円(税別)で一括購入し、通信料金(月額972円〜)のみを選択することもできる。

                      【エディオン】
                       エディオンでは、端末のみ2万9800円(税別)での販売のほか、「エディオン セレクトスマホ」のラインナップとしてもが取り扱われる。エディオン セレクトスマホは、NTTコミュニケーションズが提供するSIMカード「OCN モバイル ONE」とのセット販売。端末代+データ通信SIMカードで月額2272円(税込、初回のみ3256円)〜、端末代+音声通話(050 plus)付きSIMカードで月額2434円(税込)〜となる。SIMカード購入時に3240円(税込)が別途必要となる。端末を2万9800円(税別)で一括購入し、通信料金(税込月額1134円〜)のみを選択することもできる。


                      | 1/1PAGES |