calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

Links

 

理系英語マラソン 基礎コース インプット・ラボ

ドコモ、2017年3月に500Mbpsを超える通信速度を実現したサービスを、全国70都市(約1100局)で提供

0

    ◆Amazonダイエットストア
    ◆毎日チェックAmazonタイムセール
    ◆Amazonファッションファイナルセール


     ドコモは、2017年3月より、500Mbpsを超える通信速度を実現したサービスを、東名阪など全国70都市(約1100局)で提供する。新技術として256QAM、4×4 MIMOといった仕組みを採り入れることで実現する。

     また9月16日に発売されるiPhone 7/7 Plusはドコモの1.5GHz帯に対応しており、通信速度は従来のiPhoneと変わらないものの、これまでより安定した通信品質で利用できるようになる見込み。

     

    【256QAM】
     一度に運ぶ情報量を増やす技術。これまでは64QAMで、一度に6ビットの情報だったが、256QAMでは8ビットに増え、通信速度が1.33倍になる。FDD方式(周波数分割型)のLTEサービスに導入され、これまで375Mbpsだった速度が、最大500Mbpsになる。

     

    【4×4 MIMO】

     3.5GHz帯を使ったTDD方式(時分割)とFDD方式を組み合わせるLTEサービスで採り入れられる技術。データをやり取りするアンテナの数を増やすことで高速化をはかるもの。これまで370Mbpsだったところ、4×4 MIMOにより512Mbpsになる。

     256QAM、4×4 MIMOへの切り替えはソフトウェア更新により一斉に行われる。

     

     

    NTTドコモ お知らせ
    https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/notice/2016/09/13_01.html

     

     



     


    ドコモ、2017年3月に500Mbpsを超える通信速度を実現したサービスを、全国70都市(約1100局)で提供

    0

      ◆Amazonダイエットストア
      ◆毎日チェックAmazonタイムセール
      ◆Amazonファッションファイナルセール


       ドコモは、2017年3月より、500Mbpsを超える通信速度を実現したサービスを、東名阪など全国70都市(約1100局)で提供する。新技術として256QAM、4×4 MIMOといった仕組みを採り入れることで実現する。

       また9月16日に発売されるiPhone 7/7 Plusはドコモの1.5GHz帯に対応しており、通信速度は従来のiPhoneと変わらないものの、これまでより安定した通信品質で利用できるようになる見込み。

       

      【256QAM】
       一度に運ぶ情報量を増やす技術。これまでは64QAMで、一度に6ビットの情報だったが、256QAMでは8ビットに増え、通信速度が1.33倍になる。FDD方式(周波数分割型)のLTEサービスに導入され、これまで375Mbpsだった速度が、最大500Mbpsになる。

       

      【4×4 MIMO】

       3.5GHz帯を使ったTDD方式(時分割)とFDD方式を組み合わせるLTEサービスで採り入れられる技術。データをやり取りするアンテナの数を増やすことで高速化をはかるもの。これまで370Mbpsだったところ、4×4 MIMOにより512Mbpsになる。

       256QAM、4×4 MIMOへの切り替えはソフトウェア更新により一斉に行われる。

       

       

      NTTドコモ お知らせ
      https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/notice/2016/09/13_01.html

       

       



       


      ドコモ、2014年度中にLTEの通信速度が225Mbpsへ

      0

         ドコモは、4月25日に開催された決算発表で代表取締役社長の加藤薫氏が明らかにしたところによると、2014年度中にLTE-Advancedの技術を導入し、理論値で下り最大225Mbpsのサービスを開始するとのこと。さらにその後の5Gではなんと10Gbpsを目指しているとのこと。この進歩が止まる時があるのだろうか?と、考えてしまう。

        Lteadvance300

         下り225Mbpsのサービスは、キャリアアグリゲーション(CA)の技術を用いて、合計で30MHz幅の帯域を利用して提供される。また、2014年夏モデルのスマートフォンが対応する予定のVoLTEでは、周波数の利用効率が従来の3倍になり、高音質で低遅延という特徴があることをアピールした。

        Docomovolte300

         

         この発表会では、LTEの利用者が順調に伸びて2013年度末で約2200万契約、スマートフォン利用者の8割に上ることが明らかにされ、LTE契約者数で世界第3位(1位Verizon、2位AT&T、4位Sprint Nextel、5位SK Telecom)となるようだ。2014年度は、LTE基地局を13年度末の55,300局から95,300局へと1.7倍と大幅増し、そのうち100Mbps以上対応基地局10倍へ増強する方針も発表された。

         (画像は、2014年3月期 決算説明会資料より)


        | 1/1PAGES |