calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

Links

 

理系英語マラソン 基礎コース インプット・ラボ

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.04 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    auのiPhone 6/ 6 plus、標準でVoLTEがONに

    0
      ホテルルータ 無線LAN中継器 モバイルバッテリー
      MVNO・格安SIM 低価格Windowsタブレット
      空気清浄機 SIMフリー・スマートフォンストア
      LTEバンド 古いWi-Fiルータは即買換えだ!

      ◆Amazonダイエットストア
      ◆DMM mobile
      ◆Amazonファッションファイナルセール


       KDDIは、au版の「iPhone 6」「iPhone 6 plus」において、自動的にVoLTEを利用できるキャリアアップデートの配信を開始した。

        au版の「iPhone 6」「iPhone 6 plus」は、4月9日より、VoLTEが利用できるようになっていたが、設定を手動で変更しなければならなかった。20日に配信されたキャリアアップデートを適用することで、4月9日以降、VoLTEをONにしていなかったiPhone6/6 plusで、自動的にVoLTEがONになる。

       4月9日以降、既にONにしていた場合は今回のアップデート後もそのままONに。手動でOFFにしていた場合は、キャリアアップデートを行ってもOFFのままとなる。

       au版のiPhone 6/ 6 plusでは、VoLTEをONにすると、3Gの通話やデータ通信機能が無効になり、LTEのみ利用する形になる。

      au VoLTE iPhone向け案内ページ
      http://www.au.kddi.com/mobile/service/volte/i/


       


      au、「au VoLTE」を12月に開始

      0

         auは、「4G LTE」のデータ通信で通話サービスを提供する「au VoLTE」を12月初旬より開始する。2014年冬モデルの2機種(「isai VL LGV31」と「URBANO V01」)が対応し、今後発売するモデルで対応を拡大していく。 既存のモデルでの対応は現在未定。

         「au VoLTE」は、高音質な通話や、素早い発着信、通話とデータ通信を同時に利用できるといった基本的な特徴を備えている。その上で、付加的な特徴を「シンクコール」と命名してアピールする。「シンクコール」自体の利用料は無料。

         「シンクコール」の基本機能として、スマートフォンのWebブラウザやアプリなどを利用中でも、同時に並行して着信や通話ができる機能を用意する。着信時のダイアログが画面全体を覆わなくなり、例えばゲームをプレイ中に着信があった場合でも、プレイを続けながら通話を開始することができる。

         2015年2月以降は、「シンクコール」の機能が拡張され、1対1の「au VoLTE」端末同士での通話において、動画・音声を含めたスマートフォンの画面の共有機能、メインカメラの映像の共有機能、手書き文字・イラストなどの共有機能、位置情報を地図上で共有する機能が提供される予定。

         このほか、「ボイスパーティー」として、発信者を含めて最大30人と同時に通話ができる機能が有料のオプションとして用意される。「ボイスパーティー」は「au VoLTE」が開始される2014年12月初旬より提供される。通話相手は「au VoLTE」以外でも利用できる。


        「au VoLTE」に対応する「isai VL LGV31」


        「au VoLTE」に対応する「URBANO V01」


        ドコモ、「Xperia Z2 SO-03F」と「AQUOS ZETA SH-04F」、27日にVoLTE対応に

        0

          Voltelogo176

           ドコモは、「Xperia Z2 SO-03F」と「AQUOS ZETA SH-04F」向けに、VoLTE対応に伴うソフトウェア更新を6月27日10時より提供した。

           このソフトウェア更新により、SO-03FとSH-04Fは、LTE対応エリアにおいて、LTEネットワークを利用した音声通話、VoLTEが利用できるようになる。VoLTEの通話料金はこれまでと同じ20円/30秒(税抜)、カケホーダイプラン/Xiカケ・ホーダイを契約している場合は定額で利用できる。

           なお、ドコモの2014年夏モデルは、順次提供予定のソフトウェア更新によりVoLTEに対応する。「GALAXY S5 SC-04F」はすでに対応済みだが、以降「ARROWS NX F-05F」と「AQUOS PAD SH-06F」は7月下旬、「Xperia Z2 Tablet SO-05F」が9月下旬の予定となっている。

          Volte323

          【ソフトウェア更新方法】
          VoLTE対応機種においてソフトウェア更新が可能になると、新しいソフトウェアを自動でダウンロードし、あらかじめ設定した時間(デフォルトは午前0時〜午前6時)に書換えを行います。
          手動更新する場合は、「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」と選択し画面の案内にしたがって操作を行ってください。


          ドコモ、夏モデルの半数以上がVoLTE対応に(高音質通話で勝負か)

          0

            Docomologo116

             ドコモは、夏モデルの半数以上で高音質通話サービス「VoLTE(ボルテ)」に対応する方針を明らかにした。17日に、加藤薫社長が日経のインタビューに答えたもの。

              VoLTE(ボルテ)は、音声もLTEを通じて流す技術。通常の音声通話方式に比べ声が鮮明に聞き取れるようになるという。auとソフトバンクモバイルも対応を検討しているが、具体的な開始時期は明らかにしてない。ドコモは夏モデルを10機種程度用意するようだが、このうち「半分以上でボルテに対応する」(加藤社長)という。

             また、ドコモは6月から家族間でデータ通信の容量を分け合える仕組みを導入し、音声通話は定額にする。さらに長期利用者や25歳以下の若者を対象に、毎月の料金を割り引く優遇制度を拡充する。問題になっている高額なキャッシュバックの原資を、効率的に使うとしている。

             さらに、長期利用者への優遇制度は、最近ドコモから他の通信会社に乗り換えた利用者も対象にする方向で検討しているらしく、「復帰組」も割引の優遇対象に加え、他社からの乗り換えを促す考えだ。


            | 1/1PAGES |