calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

Links

 

理系英語マラソン 基礎コース インプット・ラボ

「OCN モバイル ONE」、電話代が半額になる「OCNでんわ」開始

0
    ◆毎日チェックAmazonタイムセール
    ◆Amazon.co.jp限定商品ストア
    ◆Amazonファッションファイナルセール

      NTTコミュニケーションズは、携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」の通話対応プラン(音声対応SIM)向けに、国内の通話料を半額にするという新サービス「OCNでんわ」の提供を開始した。

     

      「OCN モバイル ONE」の通話対応プランでは、通常、20円/30秒(税抜)という料金設定になっている。新サービスの「OCNでんわ」は、通話相手の電話番号の頭に特定の番号(0035-43)を付け加える、いわゆるプレフィックス型サービスで、10円/30秒で利用できる。専用アプリが用意されており、アプリから利用すれば、相手の電話番号へ自動的に「0035-43」が付与される。

     

      更に、オプションサービス「OCNでんわ 5分かけ放題オプション」が登場する。利用料は月額850円で、国内通話が1回あたり5分以内であれば、何度でもかけ放題になる。5分を超えた場合は、10円/30秒の超過料金がかかる。10月1日〜2017年1月31日までは、キャンペーンとして、かけ放題の通話時間が10分に延長される。

     

     

    プレスリリース
    http://www.ntt.com/about-us/press-releases/news/article/2016/20161003.ht


     



    NifMo、買ってすぐ使えるSIM入りパッケージをAmazonで販売

    0
      ホテルルータ 無線LAN中継器 モバイルバッテリー
      MVNO・格安SIM 低価格Windowsタブレット
      空気清浄機 SIMフリー・スマートフォンストア
      LTEバンド 古いWi-Fiルータは即買換えだ!

      ◆Amazonダイエットストア
      ◆DMM mobile
      ◆Amazonファッションファイナルセール


       ニフティは、6月26日より、モバイル通信サービス「NifMo」で、SIMカードを同梱したパッケージの販売を開始する。従来、登録後にSIMカードを配送していたが、新パッケージでは購入後、登録してすぐに使えるようになる。新パッケージはデータ通信専用で、価格は3000円(税抜)。

       NifMoの「SIM入りパッケージ」では、購入後にWebサイトで同梱のSIMカードの情報を入力して登録することで、その場で開通して、使い始めることができる。インターネットの環境がない場合は、電話での登録も可能。パッケージの価格(3000円)は、NifMoの登録手数料に相当するもので、登録時にはそれ以外の初期手数料はかからない。

       データ通信専用のSIMカードとなっており、microSIMとnanoSIMから購入時に選択する。利用可能なデータ通信量が3GB/5GB/10GBの各プランから、登録時に選択できる。SMS対応のプランと音声通話対応のプランについては、今回の「SIM入りパッケージ」では提供されない。

       新パッケージは家電量販店やAmazon.co.jpなどのショッピングサイトで順次販売開始される。

      ○「NifMo」基本料金
       ・データ通信プラン料 : 3GB(900円/月)、5GB(1,600円/月)、10GB(2,800円/月)
       ・契約タイプ料(データ通信のみ) : 0円

      ◆各社格安SIM比較表

      ニュースリリース
      http://www.nifty.co.jp/cs/newsrelease/detail/150624004448/1.htm
      NifMo サービスサイト
      http://nifmo.nifty.com/


       


      世界150カ国以上に対応するプリペイドSIM「トラベルSIMデータ」発売

      0
        ホテルルータ 無線LAN中継器 モバイルバッテリー
        MVNO・格安SIM 低価格Windowsタブレット
        空気清浄機 SIMフリー・スマートフォンストア
        LTEバンド 古いWi-Fiルータは即買換えだ!

        ◆Amazonダイエットストア
        ◆スマートウオッチ特集
        ◆Amazonファッションファイナルセール


         アイツーは、日本から海外に渡航するユーザー向けに、プリペイド型のデータ通信用SIMカード「トラベルSIMデータ」と、通話ができる 「トラベルSIMトーク」を提供する。発売は6月17日。

        「トラベルSIMデータ」
          「トラベルSIMデータ」は、1枚のSIMカードで複数の国・地域に対応する3Gのデータ通信用SIMカード。150カ国・地域に対応し、60カ国以上が「格安パック」の対象となっている。Webサイトからクレジットカード(Vプリカ対応)を利用してチャージを行える。SIMロックフリーのスマートフォンやモバイルWi-Fiルーターに装着して利用する。

         アメリカ、シンガポール、韓国、中国、フィリピン、台湾、タイなど50以上の国・地域ではパック料金も利用でき、14日間までで125MBが25ドル(約3250円)、150MBが45ドル(約5850円)、30日間までで500MBが75ドル(約9750円)、1GBパックが99.9ドル(1万2987円)となっている(日本円は1ドル130円で換算)。

        「トラベルSIMトーク」
         同社はまた、音声通話とSMSに特化したSIMカード「トラベルSIMトーク」も6月17日に発売する。パッケージの販売予想価格は7000円。

         「トラベルSIMトーク」のSIMカードは、100以上の国・地域で無料の着信、200以上の国・地域で格安の発信ができるというSIMカード。SIMロックフリーのスマートフォンや携帯電話に装着して利用する。

          例えばアメリカに渡航・滞在した場合、100カ国への発信は1分あたり97.5円で、着信は無料。SMSは1通あたり13円となっている。

          1年以内に10ドル以上のチャージを行えば、電話番号は1年間保持される。従来から提供されていたTravelsimと比較して、チャージやサポートが日本語になったほか、ドル建てでチャージの際にはVプリカにも対応した。法人契約も可能になっている。

        「トラベルSIMデータ」
        http://www.travelsim-japan.com/travelsimdata/
        「トラベルSIMトーク」
        http://www.travelsim-japan.com/travelsimtalk/


         


        IIJ、「IIJmio 高速モバイル/Dサービス」で追加SIMがMNPに対応

        0
          ホテルルータ 無線LAN中継器 モバイルバッテリー
          MVNO・格安SIM 低価格Windowsタブレット

          ◆トクする仕組みが入ったスマホ、ニフティの「NifMo」
          ◆メリーズ (Merries) ストア◆パンパース (Pampers) ストア
          ◆Amazonファッションファイナルセール
           


            IIJの「IIJmio 高速モバイル/Dサービス」のファミリーシェアプランにおいて、これまでは、MNPの転入を利用できるのは1回線のみで、新規契約の場合に限られていた。今回サービスを改定し、2枚目、3枚目の追加SIMカードにおいても、MNPの転入が可能になった。

           また、契約変更などで、データ通信専用のSIMカードから音声通話付きSIMカードに変更する際、MNPの転入に対応できるようになった。

           なお、IIJmioの契約名義とMNP予約番号を発行した名義は同一である必要がある。

           BIC SIMカウンターでは、ファミリーシェアプランを新規で契約する場合のみ、追加SIMのMNP転入手続きに対応し、SIMカードの即日受け取りが可能。追加SIMのMNPの転入では「SIMカード即日発行手数料」として1枚につき2000円(税抜)がかかる。


          ニュースリリース
          http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2015/0305.html

          IIJ IIJmio SIM ウェルカムパック microSIM ( SMS 機能付き ) 版 IM-B057
          クリエーター情報なし
          IIJ


          「OCN モバイル ONE」、通信容量の繰り越しサービスを1月20日から提供

          0
            ホテルルータ 無線LAN中継器
            モバイル・バッテリー MVNO・格安SIM
            ◆トクする仕組みが入ったスマホ、ニフティの「NifMo」
            ◆メリーズ (Merries) ストア

             NTTコミュニケーションズは、「OCN モバイル ONE」の4コースで、毎月の通信容量を使い切らなかった分を、翌日末または翌月末まで繰り越せるサービスを2015年1月20日より開始する。余った通信容量は、日次プランでは翌日末まで、月次プランでは翌月末まで繰り越せる。同社では、日次プランで繰り越しサービスを提供するのは業界初としている。

            対象プランは
            ■ 70MB/日コース
            ■ 100MB/日コース
            ■ 2GB/月コース
            ■ 4GB/月コース

            通信速度が500kbpsで月間7GBの「500kbpsコース」のみ、繰り越しサービスの対象外。

            各コースの概要は「格安SIM比較表」を参考にしてください
            http://www.viva2mobil.com/mvno_sim/mvno_sim.html

             また、2015年1月21日からは、スマートフォン向けのアプリ「OCN モバイル ONE アプリ」に新機能が搭載され、繰り越した容量の確認ができる。また、iOS版、Android版ともにウィジェットで「ターボ ON/OFF機能」が利用できるようになる。Wi-Fi接続への自動切替機能「Wi-Fi自動ON機能」が強化され、自宅以外のWi-Fiの登録や、下記の公衆無線LANサービスにも対応できるようになる。

            iOS版のTurbo ON/OFF機能

            Android版のTurbo ON/OFF機能

             

            ニュースリリース
            http://www.ntt.com/release/monthNEWS/detail/20141219.html

            「OCN モバイル ONE」
            http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

            OCN モバイル ONE マイクロSIM 月額900円(税抜)~
            ¥ 1,409 Amazonで購入する
            NTTコミュニケーションズ

            OCN モバイル ONE【SMS対応】マイクロSIM 月額1,020円(税抜)~
            ¥ 1,982 Amazonで購入する
            NTTコミュニケーションズ

            OCN モバイル ONE【050 plus(IP電話対応)】マイクロSIM 月額1,050円(税抜)~
            ¥ 1,500 Amazonで購入する
            NTTコミュニケーションズ




            イオン、「イオンスマホ」第3弾をLTE対応で月額2980円、9月5日に3万台限定発売

            0

               イオンは、ビッグローブと協業し、スーパーのイオンで販売するスマートフォン「イオンスマホ」の第3弾を9月5日に発売する。3万台限定での発売。
               イオンスマホ第3弾で提供される通信サービスはビッグローブの「BIGLOBE LTE・3G ライトSプラン」、端末はTCT Mobile LimitedのAndroidスマートフォン「ALCATEL ONETOUCH IDOL 2 S」。

              Aeon3350

               端末代金(24回割賦)と、データ通信、音声通話機能をあわせて月額2980円(税別)で提供される。内訳は、端末代金1330円+通信料1650円。端末代金の割賦は、イオンカードでの支払いに限定される。

               「BIGLOBE LTE・3G ライトSプラン」は、下り最大150Mbpsの高速通信(LTE)が月間2GBまで利用できる。2GBを超えた場合は、通信速度が200kbpsに制限される。音声通話機能を備えている。通話料は20円/30秒。通常月額2405円で提供している通信サービスだが、イオンスマホでは、購入特典として24カ月間、月額1650円で提供される。24カ月が過ぎると月額2405円で利用できる。なお、2年以内に解約しても、解約金は発生しない。

               提供される端末「ALCATEL ONETOUCH IDOL 2 S」は、TCT Mobile LimitedのAndroidスマートフォン。5インチ(1280×720ドット)のHDディスプレイとAndroid 4.3、クアッドコア 1.2GHzのCPUを搭載している。メインカメラは800万画素、インカメラは130万画素。バッテリー容量は2150mAh。本体サイズは135.5×69.7×7.4mm、重さは約126g。本体カラーはホワイト、ネイビー、ブラウンの3色をラインナップする。

              Aeon350


              BIGLOBE、音声通話SIM利用者を対象に、通話料が半額になる「BIGLOBEでんわ」を提供開始。LG G2 miniの販売も開始

              0

                 ビッグローブ(BIGLOBE)は、「BIGLOBE LTE・3G」の音声通話対応SIMカードのユーザー向けに、090などの電話番号はそのままに、通話料が半額になると謳うサービス「BIGLOBEでんわ」を開始した。

                 専用アプリをダウンロードすることで利用できる。アプリから電話をかけると国内通話が従来の半額になるサービス。

                Biglobedenwa241

                 このアプリから発信した場合、固定電話、携帯電話、PHSの国内通話料が一律で30秒につき10円(非課税)になる。また、国際通話は30秒につき20円(非課税)で利用できる。「BIGLOBEでんわ」については、月額の基本使用料は不要。アプリはAndroid版が用意されており、iPhone版の提供は検討中。なお、NTT東西の固定電話に発信した場合、発信者番号通知は非通知になる。

                 通信事業者の電話回線を経由するため、インターネット回線を利用するIP電話のような音切れや聞き取りにくさがなく、クリアな音声でスムーズに通話できる。

                【「LG G2 mini for BIGLOBE」、特典価格で販売開始】

                 ビッグローブは、9月1日からLG製のスマートフォンとSIMカード、セットにした「LG G2 mini for BIGLOBE」の販売を開始した。公衆無線LANスポットも利用でき、自動的に切り替えるアプリ「オートコネクト」がプリインストールされる。

                Biglobelg2400

                 11月3日までの特典価格として、音声通話に対応したSIMカードで、月間の通信容量1GBが付属するモデルを、24回払いとして月額2980円(税別、以下同)で販売する。音声通話に対応しないデータ通信専用のSIMカードの場合は、24回払いで月額2280円。

                 「LG G2 mini for BIGLOBE」は同社直販サイトのほか、イオンリテール(イオン)の各店舗、およびBIGLOBE楽天市場店から申し込むことも可能。

                 このほか、国内では初めてというメーカー純正の「LG G2 mini専用ケース」を別売りのオプションとして販売する。カラーはブラック、シルバー、ピンクの3色。

                 さらに、超過時の制限速度は200kbpsに
                 ビッグローブは9月1日より、「BIGLOBE LTE・3G」のすべてのプランにおいて、月間の通信容量を超過した際の制限速度を128kbpsから200kbpsに引き上げている。


                U-mobile、プリペイド型SIMカードを7月より提供

                0

                  Unextlogo298

                   株式会社U-NEXTのモバイル通信サービス「U-mobile」にて、プリペイド型SIMカードを7月より提供すると発表した。容量/利用期間により2タイプある。
                  ・「U-mobile プリペイド 1.5GB」 2980円(税別) 利用期間15日
                  ・「U-mobile プリペイド 3.0GB」 3980円(税別) 利用期間30日

                  Umobilepre400

                   

                  ドコモの3G・LTEエリアに対応しており、最大で下り150Mbps/上り50Mbpsの高速通信を利用できる。高速通信が利用できるのは1日100MBまで。それを超えると128kbpsに制限される。また、利用期間も設定されており、1.5GBプランでは初回通信開始日から15日、3.0GBプランでは30日間利用可能となっている。提供されるSIMカードは、標準SIM、microSIM、nanoSIMの3種類。

                   プリペイド式なので、必要な日数分のみの利用で使い切りたい方などにお勧めのプランとなります。こちらのSIMパッケージを購入後に簡単なアクセスポイントの設定のみで利用できるため、ご購入後すぐに使用されたい方に適しています。旅行や仕事で短期間しか日本に滞在しない外国人旅行者にもおすすめです。


                  ドスパラ、「OCNモバイルONE」を特価販売するキャンペーン

                  0

                     ドスパラは、NTTコミュニケーションズが提供するデータ通信SIM「OCNモバイルONE」を割引して提供する「OCNモバイルONE SIMはじめてキャンペーン」を実施する。キャンペーン期間は3月7日〜3月31日。

                     このキャンペーンは、ドコモのLTEネットワークが利用できるデータ通信SIM「OCNモバイルONE」を割引価格で提供するもの。SMS対応のSIMカードは通常価格3150円を2100円で、SMS非対応のSIMカードは通常3150円を1990円で特価販売する(価格はいずれも税込)。ドスパラ店舗またはドスパラ通販サイトのみになる。月額利用料金は割り引きとはならず、通常価格での提供となる(な〜〜〜んだ、ちょっと残念!)。

                     ドスパラは、さらに、ドスパラが提供しているスマートフォンやタブレットに関するトラブルをサポートするモバイルセーフティサービスの「プレミアムプラン」を3月7日より新たに提供する。

                     「プレミアムプラン」は、通常のキャリアが提供する保証サービスは、物損や水没などの修理に5000円以上の自己負担金が発生するが、同社が提供するモバイルセーフティサービス(月額680円)は、修理代金を最大3万円まで全額負担するというもの。さらに、これらの保証サービスに加え、データ通信SIMカード1枚を提供し、また、データ通信SIMカードを通信できる状態になるまで開通申込やAPN設定といった事前準備を行う、代行サービス(通常3000円以上)を初回無料、2回目以降は半額で提供する。提供されるSIMカードは2100円の割引が提供され、販売価格が2100円のNTTコミュニケーションズの「OCNモバイルONE」は0円、3150円の日本通信「b-mobile X SIM」は1050円になり、ユーザーはドスパラで取り扱っているSIMパッケージの中から好みのものを選ぶことができる。各プランや、SIMカードのサイズもラインナップの中から指定できる。

                    Dospara500


                    エキサイト、「BB.exciteモバイルLTE」がSMS対応

                    0

                      Excitelogo116

                       エキサイトは、ドコモのネットワークに対応したSIMカードを提供している「BB.exciteモバイルLTE」のオプションとして、SMS(ショートメッセージサービス)機能を2月27日より提供開始した。まずは新規契約者向けとなり、登録手数料は3500円(税別)。

                       今回新たに提供されるオプションは、NTTドコモのLTE(Xi)網および3G(FOMA)網を利用し、下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsの高速通信が可能なデータ通信専用のSIMカードでSMS機能(月額140円)に対応するもの。

                       SMSに対応して嬉しいことは、携帯電話番号宛に短い(全角最大70文字)メッセージを送受信できるようになることはもちろん、通信可能にもかかわらず、端末側で圏外と表示されてしまうアンテナピクト問題や、セルスタンバイ等のプロセスが動作し通信端末で電池の消耗が早くなるセルスタンバイ問題が改善される可能性が高くなることです。また、LINEやGREE、mobageなどのSNSサービスにおいて、会員登録を行う際の身元確認の一環としてSMSを利用しているので、SMS対応のSIMカードを利用することで、これらのサービスをスムーズに始めることができるようになります。

                       料金プランはLTE通信が可能な通信容量(0MB/500MB/1GB/2GB)とSIMカードの枚数(1枚/3枚)の組み合わせが選べる7つのコースが用意されている。また、課金により追加で通信容量を購入できる。サイズは、標準SIM・MicroSIM・nanoSIMが揃う。3枚コースの場合はサイズを選んでレンタルでき、LTEの通信容量を複数の端末でシェアして使用する。

                       現在BB.exciteモバイルLTEをご利用中の人が、SMS機能対応SIMカードを希望する場合、SIM 3枚コースで1枚のSIMしか利用していない場合のみ、追加でSMS機能対応SIMカードを申し込める。3枚コースで3枚のSIMを利用している場合や、1枚コースの利用者は、現在の契約を一旦解約して、新規申し込みをすることになる。



                      | 1/2PAGES | >>