calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

Links

 

理系英語マラソン 基礎コース インプット・ラボ

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.04 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ドコモ、家族通話無料のシンプルプラン 5月24日から

    0
      ◆毎日チェックAmazonタイムセール
      ◆Amazonダイエットストア
      ◆Amazonファッションファイナルセール


       ドコモは、「カケホーダイ&パケあえる」のシェアパック向けの料金プランとして、月額980円で家族通話が無料となる「シンプルプラン」を5月24日より提供する。また、大容量のデータプランには、月間30GBをシェアする「ウルトラシェアパック30」(月額1万3500円)を追加する。

       

       

       ドコモでは、「カケホーダイ&パケあえる」に移行後、通話定額がない基本プランを選ぶことができなかった。「シンプルプラン」は、シェアパックの契約者限定とはなるものの、通話定額なしの料金プランとなる。通話料は30秒あたり20円。

       

       

      ニュースリリース
      https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/04/27_01.html


       



      ダイエットしている人に朗報、ドコモが体重計型機器を開発

      0
        ◆毎日チェックAmazonタイムセール
        ◆Amazon.co.jp限定商品ストア
        ◆Amazonファッションファイナルセール

          ドコモは、足裏の皮膚から放出される複数のガスを同時に計測できる健康管理装置を世界で初めて開発した。

         

          今回ドコモが開発した装置は、体重計型の健康管理機器。体重計のように上に乗ることで、足裏から放出される3種類のガスを計測し、健康状態をチェックできる。計測できるガスは、体脂肪の燃焼にともなって発生するアセトン、飲酒時に検出されるエタノール、脱水症状の発見に役立つ水蒸気の3種類。

         

         

         このうちアセトンは、体重減少が体脂肪の減少によるものなのかどうかを判定でき、より効率的なダイエットに活用できる。また、糖尿病患者や妊婦が発症する疾患「ケトアシドーシス」の早期発見に役立つ。

         

         体重計型の計測機器には、片足につき2カ所ずつの穴があいており、足裏で塞いで計測する。靴下やストッキングを履いてた状態でも利用できる。約20秒程度で計測し、結果はスマートフォンで体脂肪の燃焼状態や飲酒、脱水の有無の判定結果として表示される。大きさは約300×300×35mmで、重さは約1.7kg。

         

         ドコモでは今後、この機器での実証実験を進め、健康管理装置としての有用性を検証する。

         

         

         


        ニュースリリース
        https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2016/07/20_00.html


         

         


        ドコモの携帯電話契約数が7000万件を突破

        0

          ◆毎日チェックAmazonタイムセール
          ◆Amazon.co.jp限定商品ストア
          ◆Amazonファッションファイナルセール


           ドコモは、携帯電話の契約数が2月10日(水曜)に7000万件を突破したと発表した。

           ドコモは1979年にサービスを開始。2005年11月に5000万件を突破し、2012年3月に6000万件を突破していた。2012年までは、契約者数の伸び率が緩やかに鈍化している傾向だったが、再び上昇した形。なお、上記の契約者数にはMVNO事業者に提供した回線も含まれている。

          【契約者数の推移】

          日付        契約数
          1979年12月   サービス開始
          1993年2月     100万契約突破
          1997年2月   1,000万契約突破
          1998年8月   2,000万契約突破
          2000年4月   3,000万契約突破
          2002年1月   4,000万契約突破
          2005年11月 5,000万契約突破
          2012年3月   6,000万契約突破
          2016年2月   7,000万契約突破

           ドコモによれば、2013年にiPhoneの取り扱いを開始したのをはじめ、端末ラインナップの充実、タブレットの販売が2台目需要として拡大した点などを、契約者数の増加の要因に挙げている。

           また、新料金プランとシェアプランが拡大したことで、家族や“2台持ち”による新規契約の増加、「ドコモ光」の提供で契約者の5割がドコモの携帯電話を新規契約している点、法人向けの通信モジュールが増加している点なども、契約者数の増加の要因に挙げている。
           

          ニュースリリース
          https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/notice/2016/02/12_00.html


           一方、2015年度第3四半期(2005年10〜12月期)における各社の契約数増減は、ドコモが110.8万増、KDDIが60.1万増、ソフトバンクが36.9万減となった。少し前まではドコモが一人負けで、ソフトバンクとKDDIにユーザを奪われていた。 それが、今ではソフトバンクが一人負け状態。KDDIに対抗した新白戸家のCMが不評ということだが、そのせいでお客が逃げ出している?

           



          ドコモの料金に5GB分利用できる「シェアパック5」を3月より提供

          0
            ◆毎日チェックAmazonタイムセール
            ◆Amazon.co.jp限定商品ストア
            ◆Amazonファッションファイナルセール

             ドコモは、2014年に導入した料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」で、5GB分利用できる「シェアパック5」を3月より提供する。また、月額1700円(税抜、以下同)の通話定額「カケホーダイライト」を利用できるパックを拡げる。家族で使えば1人5000円にも。

             

            ◆シェアパック5
             ドコモの料金プランでは、グループ内でシェアできる「シェアパック」が用意されており、これまで10GB〜30GBまで4種類のパックがラインアップされている。5GBは、1人で利用する「データパック」のM(データMパック)として提供されてきた。

             3月に登場する「シェアパック5」は、月額6500円で月間5GBまで利用できるもの。さらに月額基本料、spモードの料金を加えると毎月の代金、ということになる。

            ◆カケホーダイライト、シェアパック5でも
             月額1700円で5分以内であれば通話し放題となる「カケホーダイライト」は、これまで、データMパック/Lパック、シェアパック15/20/30でのみ契約できた。

             しかし3月からは、シェアパック5、シェアパック10でも利用可能になる。

            ◆家族で使えば1人5000円以下に
             ドコモでは、家族3人(夫婦と25歳以下の子供)という場合、いくらかになるかサンプルを示している。

             それによれば、カケホーダイライト(1700円×3人)、spモード(300円×3)、そしてシェパック5(6500円)と、子回線用オプション(500円×2)、あわせて1万3500円となる。これは1人あたり4500円という形。たとえば代表回線のユーザーが15年以上契約していれば、800円割引され、1万2700円になる。

            ニュースリリース
            https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2016/01/29_00.html


             


            ドコモと高島屋が提携、タカシマヤでもdポイントが貯まる

            0
              ◆毎日チェックAmazonタイムセール
              ◆Amazonダイエットストア
              ◆Amazonファッションファイナルセール

               ドコモと高島屋は、高島屋とドコモのdポイントクラブが共同で新たなサービスを提供する業務提携に合意した。

               8月をめどに、高島屋の買い物でdカードまたはdポイントカードを「提示」すると、dポイントが貯まるサービスが開始される。dポイントは高島屋での決済にも利用できる。買い物1回、100円(税抜)ごとに1ポイントのdポイントが貯まる。

               4月からは、高島屋の買い物でdカードを決済に利用すると、100円ごとに2ポイントが貯まる。7月31日まではさらに1ポイント加え100円ごとに3ポイントが付与される。

               なお、一部店舗の専門店部分では、これらのポイント施策の対象外になる商品がある。

                 4月の利用分から、ドコモの通信料金などをクレジットカードの「タカシマヤカード」で支払うと、タカシマヤポイントが通常の2倍付与される。「タカシマヤカード」の場合は200円ごとに2ポイント、「タカシマヤカード <ゴールド>」の場合は100円ごとに2ポイントが付与されるようになる(通常はそれぞれ1ポイント)。

               

              ニュースリリース
              https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2016/01/28_01.html


               


              ドコモの学割は家族でわけあえる

              0

                 auとソフトバンクからは、すでに新しい学割が発表されていたが、ドコモも同様の学割を実施するようだ。

                 学割は、25歳以下のユーザーを対象としたキャンペーンだが、1月21日〜5月31日の期間に。対象プランで指定機種を購入すると、毎月5GBのデータ通信量が36カ月間増量されるほか、通信料金から12カ月間、800円の割引が受けられるもの。

                 25歳以下のユーザー向けに提供されている「U25応援割」(26歳の誕生月まで毎月1GB増量+500円割引)と併用できる。併用すると6GBのデータ増量と毎月1300円の割引を受けられる。シェア対象プランの場合は、増量されたデータ容量は家族間でわけあえる。

                 「学割」と名乗ってはいるが、25歳以下向けに提供されるというので注意が必要。26歳以上だと、学生でも割引対象にならない。

                 対象プランはカケホーダイプラン・カケホーダイライトプラン。データプランはデータMパック/Lパック、またはシェアパック15/20/30(子回線も可)。加えて「U25応援割」の申し込みが必要。

                 なお、「ドコモの学割」を契約中に26歳の誕生月を迎え、「U25応援割」が終了した場合も引き続き「ドコモの学割」の特典を受けることができる。

                 対象機種は「iPhone 6」以降のiPhoneと、「Galaxy S6 edge SC-04G」「Galaxy S6 SC-05G」に加え、2015年冬〜2016年春モデルのスマートフォン各機種(「arrows Fit F-01H」を除く)の全15機種。新規契約、MNP転入のほか機種変更での購入も対応。

                対象機種

                iPhone 6
                iPhone 6 Plus
                iPhone 6s
                iPhone 6s Plus
                Galaxy S6 edge SC-04G
                Galaxy S6 SC-05G
                Galaxy Active neo SC-01H
                Xperia Z5 SO-01H
                Xperia Z5 Compact SO-02H
                Xperia Z5 Premium SO-03H
                arrows NX F-02H
                AQUOS ZETA SH-01H
                AQUOS Compact SH-02H
                Disney Mobile on docomo DM-01H
                Nexus 5X

                ドコモの学割
                https://www.nttdocomo.co.jp/campaign_event/gakuwari2016/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CAM_gakuwari2016
                ニュースリリース
                https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2016/01/14_00.html


                2016年6月30日でサービス終了の「NOTTV」、ドコモから現ユーザーに特典

                0
                  ◆毎日チェックAmazonタイムセール

                  ◆Amazon.co.jp限定商品ストア
                  ◆Amazonファッションファイナルセール


                   スマートフォン向け放送サービス「NOTTV(ノッティーヴィー)」が2016年6月30日でサービス終了というニュースを知って、現在視聴している方は「そんなー!」という感想じゃないでしょうか? そんな気持ちを察してか、ドコモは、現ユーザーに対して特典を提供するようです。ドコモショップやWebサイトで手続きすることで利用できる。
                   

                    今回実施される「NOTTVご契約者様向けキャンペーン」では、2種類の特典が用意され、どちらかを選ぶ形になる。1つは、申し込みから3カ月間、500円相当のdポイントがプレゼントされるというもの。もう1つは、同じく3カ月間、1GB分の通信量がプレゼントされるというもので、こちらは新料金プランを利用しているユーザーだけが利用できる。
                   

                   キャンペーン対象となるのは、2015年11月1日〜27日の間に「NOTTV」へ加入しており、なおかつ申込時点でも加入実績のあるドコモ回線を保有しているユーザー。特典への申し込みは2015年12月17日〜2016年7月31日となる。
                   

                  お知らせ
                  https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/pages/151217_00.html


                   


                  ローソンやマクドナルドでも使える「dポイント」12月1日スタート

                  0
                    ◆Amazon.co.jp限定商品ストア

                    ◆Amazonファッションファイナルセール
                     


                     ドコモの新ポイントサービス「dポイント」が12月1日よりスタートする。

                    これまで機種変更時の端末代などにしか利用できなかったドコモポイントが、ローソンやマクドナルドでも利用できることが明らかにされた。

                     dポイントの開始にあたり、サービス内容や、クレジットサービス「DCMX」なども刷新されている。

                     ドコモポイントはdポイントへ、ドコモプレミアクラブはdポイントクラブ、dcmxはdカード、docomoIDはdアカウント へとそれぞれ変更になる。

                    dポイント
                    リアル店舗やネットの通販サイトなど、dポイント加盟店でのショッピングで、支払い額に充当したり、支払い額に応じて付与されたりするなど、“ドコモの外”で使える。「dポイントカード」がドコモショップやdポイント提携店で配付され、利用登録の手続きを行えばdポイントを使える。

                    dポイントクラブ
                    「レギュラー」「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」という4段階のステージ制になる。ポイント還元率が多くなるのは「ゴールド」ステージのみとなる。

                    dカード

                     その他にも、「dケータイ払いプラス」やソーシャルギフト「ギフトコ」等の新サービスも12月1日よりスタートする。
                     

                    ニュースリリース(dポイント提供開始)
                    https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2015/11/11_00.html
                    ニュースリリース(マクドナルドとの提携)
                    https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2015/11/11_01.html


                     


                    ドコモメールで「スタンプ」が使える「ドコモメールストア」11月12日開始

                    0

                       ドコモは、メールアプリ「ドコモメール」の最新版を11月12日に公開する。新たに「ドコモメールストア」機能が追加され、これまでのデコメールより大きなサイズの画像「スタンプデコメ」が提供される。

                      Stanp300

                       新たに提供される「スタンプデコメ」は、220/250×250ピクセルのGIF形式、JPG形式の画像で、LINEにおける“スタンプ”のようなサイズ。ドコモメールでスタンプのように使える。なお、メールの使い勝手、ユーザーインターフェイスは従来通りとなる。

                       ストアではケータイ払い、ドコモポイントでの支払いが可能。ダウンロードしたスタンプデコメを画像の1つとして、LINEのような他のアプリで利用することもできる。

                      11月12日のサービス開始を記念し、ドコモダケと「鷹の爪」シリーズのキャラクターがコラボしたスタンプデコメのダウンロードキャンペーンを、12月2日までの期間限定で行う。

                      Dmailstore600

                      キャンペーンサイト(11月12日10時オープン、それ以前はアクセス不可)
                      http://xn--u9j429qiq1a.jp/docomomail/
                       

                       


                      ドコモ、ドコモメールを含む複数メールをまとめて管理できる「CommuniCase」提供開始

                      0

                         ドコモは、ドコモメールに対応したマルチアカウントメーラーアプリ「ドコモメール対応CommuniCase」の提供を開始した。

                         対応環境はAndroid 4.0〜4.3のドコモのスマートフォン、タブレット(一部機種をのぞく)。利用は無料。

                        対応機種一覧
                        https://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/smt/service/communication/communi_case/compatible_model.pdf

                         iPhone・iPadは非対応で、今後の対応も未定。

                         「ドコモメール対応CommuniCase」はドコモのスマートフォンやタブレットで利用できるメーラーアプリで、ドコモメールを含む、最大10個までの複数メールアカウントをまとめて管理できる。登録可能なアカウントは、ドコモメールのほか、GmailやYahoo!メールなど、IMAPに対応したメールサービス。

                        【主な特徴】
                        1.いろんなメールアドレスをまとめて便利!
                        複数のメールアドレスを利用していても、CommuniCaseアプリ1つでまとめて利用ができます(最大10アドレス)。

                        2.会話感覚でやりとり!
                        人気のチャット風「やりとり」機能を搭載し、軽快なコミュニケーションを実現します。気軽な短文メールは「やりとり」で、しっかり長文メールは従来のメール画面で表示して、相手によって見やすい表示を選べます。

                        3.ドコモメールに対応!
                        ドコモメールの送受信に対応!
                        デザインも刷新し、より使いやすくなりました。

                         申し込みは不要。対応機種からドコモのWebサイトにアクセスしてアプリを端末にダウンロードして利用できる。対応端末に、ドコモで回線契約しているSIMカードを挿した状態で、ダウンロードが可能。対応機種はドコモのWebサイトで案内されている。

                        ダウンロード
                        https://www.nttdocomo.co.jp/smt/service/communication/communi_case/index.html

                        ドコモメールアカウント利用開始ガイド(PDF)
                        https://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/service/communication/communi_case/docomo_mail/setting_guide_docomo-account.pdf


                        | 1/3PAGES | >>