calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

Links

 

理系英語マラソン 基礎コース インプット・ラボ

JAL国内線、ずっとWi-Fi無料宣言

0


     

     

     JALは6月20日、国内線のWi-Fiサービスを、この先期間を限定せず無料で提供すると発表した。

     JALでは2014年7月から国内線で、有料による機内インターネットサービスを導入していますが、現在は8月31日までの期間限定で無料キャンペーンを実施中です。

     

     無料で提供されるのはJALとJTA(日本トランスオーシャン航空)の国内線で、機内Wi-Fiに対応しているB777-300型機、B777-200型機、B767-300型機、B737-800型機で運航されるすべての便です。

     

     離陸の5分後から着陸の5分前まで、手持ちのスマートフォンやタブレットで時間制限なくインターネットを無料で利用できます。

     

    利用方法は簡単!
    3ステップで機内Wi-Fiに接続

     

    搭乗前に(初めて利用する方)

    インターネット接続サービスのご利用にはGogoアカウント登録が必要。搭乗前にアカウントを作成するとスムーズです。

     

    一度アカウントを作成すれば、次回は作成不要。機内ですぐに利用できる。

     

    Gogoユーザーアカウント事前登録
    https://buy.gogoair.com/upp/signInsignUp.do

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Wi-Fiに接続すれば、機内でビデオも見れるって! こりゃ機内に設置してあるエンタテイメント用のディスプレイがなくなる日が近いってことですね。表示する端末は自前で用意してね! っていう時代がもうそこまで来ているような気がします。

     

     



     


    バッファローの11n対応ルーター「FS-R600DHP」総務省の認証基準に適合

    0
      ◆毎日チェックAmazonタイムセール
      ◆Amazonダイエットストア
      ◆Amazonファッションファイナルセール

       バッファローは、総務省による「公衆無線LAN環境整備支援事業」補助金交付要件である認証基準に適合した「FREESPOT」の導入キット「FS-R600DHP」を2月中旬に発売する。価格は2万3800円(税別)。

       

       

       FS-R600DHPは、事業者向けのIEEE802.11n/a/g/b対応無線LANルーターで、インターネット回線に接続して簡単な設定を行うだけで、FREESPOTの公衆無線LAN環境を構築できるのが特徴。ギガビット対応のLAN×4、WAN×1に加え、USB×1を装備する。本体サイズは28×185×196mm(幅×奥行き×高さ)。

       

       FREESPOTの利用者登録は、「メール認証方式」や、Facebook等のアカウントを用いる「SNSアカウント認証方式」に対応。メール認証画面は、日本語、英語、中国語繁体字・簡体字、韓国語の4カ国語に対応する。認証画面に設置店舗名を表示できるほか、FREESPOTへの接続時には、登録URLをリダイレクトして表示可能。広告ページやクーポンなどを表示して販売促進に活用できる。

       

       バッファローの法人向け無線LANアクセスポイントと組み合わせ、最大で200台のスマートフォン/タブレットを同時接続可能な大規模公衆無線LAN環境を構築できる「ゲートウェイ機能」や、2台のFS-R600DHPをブリッジモードで有線LAN接続してFREESPOTサービスエリアを拡大できる「拡張アシスト機能」を搭載。

       

       同一FREESPOTに接続したクライアント同士を見えない状態にする「プライバシーセパレーター機能」や、FREESPOT用とそれ以外のネットワークを無線/有線LANともに完全に分離する「FREESPOTプライバシーセパレーター」機能も利用できる。

       

       総務省による補助金交付要件は、「防災等に資するWi-Fi環境の整備計画」における2017年度事業「公衆無線LAN環境整備支援事業」に、「認証基準(不正利用防止)にかかる要件」として定められており、FS-R600DHPはこれに適合している。

       

       

       

      プレスリリース
      http://buffalo.jp/news/2017/02/08_01/?pr=170208


      FS-R600DHP
      http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/fs-r600dhp/

       


       



      総務省が3年で3万カ所の無料Wi-Fiを整備

      0


         総務省はは26日、防災等に資するWi-Fi環境の整備計画を発表。平成29年度から31年度の3年間で、約3万カ所のWi-Fi環境を整備するとした。なお、既に約1万5000カ所は整備済みで、今後3年間で約1万6000カ所を追加する予定とのこと。

         

         本策定は「日本再興戦略2016」及び「世界最先端IT国家創造宣言」に基づいたもの。Wi-Fi環境が整備されるのは、「災害発生以降、災害の危険性がなくなるまで滞在し避難生活を送る避難所・避難場所」(学校・市民センター・公民館・官公署など)と「 被災場所として想定され、災害対応の強化が望まれる公的な拠点」(博物館・文化財・自然都市公園・案内所)の2拠点。

         

         設置されたWi-Fiは無料で使用でき、災害時に必要な情報伝達手段として活用できる。また、平時は観光関連情報の収集や教育に活用できるとしている。

         

         

         

         我が千葉県は、整備する拠点数が多い為か、普及率は高知県に次いで全国ワースト2位だ!

        整備予定の拠点もダントツ全国1位の1,666拠点になっている。やっぱり海岸線が長いので防災拠点が多いのか?

         

        発表資料
        http://www.soumu.go.jp/main_content/000456095.pdf

         


         



        スマートフォンユーザーの公衆無線LANサービス利用率は57%

        0

          ◆毎日チェックAmazonタイムセール
          ◆Amazonダイエットストア
          ◆Amazonファッションファイナルセール


            ICT総研の調査によると、2016年度の公衆無線LANサービスの利用者数は4309万人に達するそうです。

           

           内訳は個人利用者が2914万人、ビジネス利用者が371万人、訪日外国人利用者が1024万人。2017年度には18%増の5074万人に拡大し、個人利用者は3393万人に達するという。今後も利用者数は毎年600〜700万人程度のペースで伸び続け、2018年度には5733万人、2019年度には6368万人に達すると予想しています。

           

           訪日外国人利用者の数が多いことに驚きましたが、訪日外国人は2015年に1974万人に達し、2016年には2500万人規模に増えるが、このうち日本で公衆無線LANサービスを利用する訪日外国人は2015年度で753万人だったのが、2016年度には1024万人となる見込み。さらに2019年度には、訪日外国人利用者は1767万人に達するという。

           

           

           9月に実施したアンケート調査では、公衆無線LANを利用していると回答したのは全体の45.7%にあたる2015人。スマートフォンユーザー3028人のうち57%にあたる1726人が公衆無線LANサービスを利用していると回答した。スマートフォンの利用者は年々増加しており、契約数ベースで7000万件を超えている。

           

            スマートフォン利用者の多くは契約時に公衆無線LANサービスに加入するので、今後更に増え続ける見通し。ただし、公衆無線LANサービス契約に加入しても、屋外での無線LAN利用設定をオフにしているユーザーも多いため、公衆無線LANサービス契約数と実際の利用者数(アクティブユーザー)には乖離が見られるという。

           

           

           

          プレスリリース
          http://ictr.co.jp/report/20160913.html

           


           



          OCN モバイル ONEのWi-Fiスポットが正式サービスに

          0

            ◆毎日チェックAmazonタイムセール
            ◆Amazon.co.jp限定商品ストア
            ◆Amazonファッションファイナルセール


              NTTコミュニケーションズは、「OCN モバイル ONE」のユーザー向けにトライアルとして提供していた公衆無線LANサービスを、正式サービスとして7月1日から開始する。料金は無料だが、利用には申し込みが必要。既存ユーザーはそのまま利用できる。

             

              「OCN モバイル ONE」では、2015年1月から無料のWi-Fiスポットがトライアルとして提供されていた。7月1日からは正式サービスとして提供される。

             新たに申し込むユーザー向けには、接続IDとパスワードの発行が簡素化されるほか、AndroidのアプリやWebサイトのマイページからも、簡単に発行できるようになる。

             さらに、7月15日からは、利用できるWi-Fiスポットの数が、これまでの約4万カ所から約8万2000カ所に倍増する。西日本で展開される「DoSPOT」エリアで新たに利用できるようになり、飲食店や美容院、宿泊施設、図書館などが拡充される。

             

             

            ニュースリリース
            http://www.ntt.com/about-us/press-releases/news/article/2016/20160623.html


            「OCN モバイル ONE」Wi-Fiスポットサービス案内ページ
            http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/wi-fi_spot/



             


            京都・嵯峨嵐山地域の公衆無線LAN「嵐山 Free Wi-Fi」5月中旬より提供開始

            0

              ◆Amazonダイエットストア
              ◆毎日チェックAmazonタイムセール
              ◆Amazonファッションファイナルセール



               嵐山商店街とワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)は、京都・嵯峨嵐山地域で無料の公衆無線LAN(Wi-Fi)サービス「嵐山 Free Wi-Fi」の提供を5月中旬より順次開始する。

               「嵐山 Free Wi-Fi」は、エリア内にいる誰でも無料で利用できるWi-Fiサービス。嵐山商店街を中心に設置される。

               登録は不要。SSID「Arashiyama_Free_Wi-Fi」に繋いで利用規約に同意すると利用可能となる。訪日外国人向けの「Travel Japan Wi-Fi」にも対応する。

               提供開始にあわせ、Wi-Fiスポットやトイレ、銀行などの地域情報、観光案内を掲載した無料のガイドマップ「嵯峨嵐山 Free Wi-Fi MAP」が観光案内所などで配布される。

              【「嵐山 Free Wi-Fi」概要】
              1.提供開始時期 : 2016年5月中旬より順次提供開始
              2.対応言語 : 6言語(日・英・中(簡・繁)・韓・タイ)
              3.利用方法 :

              Step SSID「Arashiyama_Free_Wi-Fi」を選択後、ブラウザを立ち上げ 、
              利用規約をお読みいただき、「 同意する」をタップ
              Step インタ ットご利用開始

              ニュースリリース(PDF形式
              http://wi2.co.jp/jp/news/press/data/20160516_arashiyama_free_wifi.pdf
              嵐山商店街
              http://www.arashiyama-kyoto.com/shop/arashiyama.html


               



              「KYOTO Wi-Fi」 京都市と宇治市からさらに拡大して木津川市にも対応

              0
                ◆毎日チェックAmazonタイムセール
                ◆Amazonダイエットストア
                ◆Amazonファッションファイナルセール

                 ワイヤ・アンド・ワイヤレスと京都市は、協力して進めている公衆無線LANサービス「KYOTO Wi-Fi」が、木津川市にもエリアを拡大した。

                 「KYOTO Wi-Fi」では、京都市以外にもすでに宇治市が対応、これに続く2市目として木津川市も「KYOTO Wi-Fi」のエリアとして展開される。木津川市では公共施設や文化施設、商業施設など合計で49施設、72カ所でアクセスポイントが提供される。

                ニュースリリース
                http://wi2.co.jp/jp/news/press/data/20160404_kizugawa_kyoto_wifi.pdf



                群馬県の高崎駅で無料Wi-Fiサービス「Takasaki Free Wi-Fi」が提供開始に

                0

                  ◆Amazon.co.jp限定商品ストア
                  ◆Amazonファッションファイナルセール


                   NTT東日本 群馬支店とNTTブロードバンドプラットフォームは、群馬県高崎市が整備する公衆無線LANサービス「Takasaki Free Wi-Fi」の環境を構築、サービス提供を開始した。

                  つながらなくて手も足も出ない? ってことはないでしょう!

                    

                   「Takasaki Free Wi-Fi」は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた外国人観光客の増加を見据え、地域活性化を目指すために開始した無料の公衆無線LANサービス。高崎駅東西の出口付近と、高崎駅構内の高崎市観光案内所にてサービスが提供される。SSIDは「Takasaki_Free-WiFi」。1回の接続につき60分利用可能で、利用回数に制限はない。

                   無線LAN認証アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」に対応しており、同アプリの利用登録を行えば、手軽に「Takasaki Free Wi-Fi」へ接続できる。

                  プレスリリース(NTT東日本 群馬支店)
                  http://www.ntt-east.co.jp/gunma/news/detail/1207503_3097.html
                  プレスリリース(群馬県高崎市)
                  http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2015110400013/


                   


                  あきる野市とNTT東日本が協業し、無料の「秋川渓谷Wi-Fi」提供

                  0
                    ◆Amazonダイエットストア

                    ◆DMM mobile
                    ◆Amazonファッションファイナルセール


                     東京都あきる野市は、NTT東日本と協業し、秋川渓谷周辺で使える無料のWi-Fiサービス「秋川渓谷Wi-Fi」の提供を12月25日より提供する。SSIDは「Akigawa_Keikoku_Free」。接続時間は1回60分。利用回数制限は1日4回まで。

                      対象エリアはJR秋川駅、JR武蔵五日市駅、JR武蔵増戸駅、あきる野市役所本庁舎、五日市出張所、二宮考古館、五日市郷土館、JR武蔵五日市駅前観光案内所、秋川渓谷 瀬音の湯、あきる野市ふるさと工房の10カ所。

                      あきる野市は、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックによる訪日外国人の増加を見据え、情報通信環境を整備し、観光情報や地域情報を発信することで地域活性化を目指す。今後、民間事業者や商店街などに参画を呼び掛け、サービス提供エリアの拡大を目指す。

                     エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社(NTT BP)が提供する認証アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」にも対応しており、一度アプリを登録することで、日本全国の主要空港、主要駅、観光施設など約13万9000カ所のアクセスポイントの無料Wi-Fiを利用することができる。

                    プレスリリース
                    http://www.ntt-east.co.jp/tokyo/info/detail/1207104_2608.html


                     


                    大田区の無料Wi-Fi「OTA CITY FREE Wi-Fi」12月から開始

                    0

                      ◆毎日チェックAmazonタイムセール
                      ◆Amazonダイエットストア
                      ◆Amazonファッションファイナルセール


                        東京都大田区は、NTT東日本およびエNTT BPと協業し、区内の駅周辺などで使える無料のWi-Fiサービス「OTA CITY FREE Wi-Fi」を12月1日より提供する。

                      【SSID】
                      区内主要エリア:「Ota_City_Free_Wi-Fi」 1回60分、利用回数制限なし
                      区内店舗エリア:「Ota_City_Free_Wi-Fi_01」 1回60分、1日4回まで

                       

                       対象エリアはJR蒲田駅西口・東口付近、羽田空港観光情報コーナー、大田区観光情報センターなど区内主要エリア21カ所と区内店舗エリア112店舗。

                       大田区は、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックによる訪日外国人の増加を見据え、情報通信環境を整備し、観光情報や地域情報を発信することで地域活性化を目指す。今後、民間事業者や商店街などに参画を呼び掛け、官民連携で統一的なサービスの画的拡大を図るとしている。

                       NTT BPが提供する認証アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」にも対応しており、一度アプリを登録することで、日本全国の主要空港、主要駅、観光施設など約13万9000カ所のアクセスポイントの無料Wi-Fiを利用することができる。

                      「OTA CITY FREE Wi-Fi」は観光庁の推進する「Japan.Free Wi-Fi」に賛同しています。

                      プレスリリース
                      http://www.ntt-east.co.jp/tokyo/info/detail/1206404_2608.html


                       


                      | 1/3PAGES | >>