calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

Links

 

理系英語マラソン 基礎コース インプット・ラボ

au、「Galaxy Note8 SCV37」を10月26日に発売

0
    ◆毎日チェックAmazonタイムセール
    ◆Amazon.co.jp限定商品ストア
    ◆Amazonファッションファイナルセール


     auは、サムスン電子製のAndroidスマートフォン「Galaxy Note8 SCV37」を10月26日に発売する。

     

     「Galaxy Note8 SCV37」は、サムスン電子が8月末に発表した「Galaxy Note」シリーズの最新モデル。ボディカラーはミッドナイト ブラック、メープル ゴールドの2色をラインナップする。

     高性能スタイラスペン「Sペン」が付属し、手書きのメモやスタンプの作成、翻訳など、Sペンによるさまざまな操作が可能。ペン自体がIP5/8、IP6Xの防水・防塵性能を備え、雨など多少の水に濡れた状態でも利用できる。

     

     ディスプレイは6.3インチ、2960×1440ドット(521ppi)、HDR対応の有機ELで、上下の額縁も狭くした「Infinity Display」。感圧式のホームボタンはディスプレイの内側に配置されている。

     背面のカメラは望遠と広角でそれぞれ1220万画素というデュアルカメラ構成。光学式手ぶれ補正は、デュアルカメラの双方に搭載される。

     

     セキュリティ機能として虹彩認証、顔認証、指紋認証の3つをサポート。RAMは6GBで、オクタコアCPU搭載のチップセットを搭載する。au網で4×4 MIMOと256QAMを組み合わせる3CC CAネットワークに対応、東名阪の一部エリアで理論値で下り最大708Mbpsに対応する。

     おサイフケータイ、ワンセグ・フルセグもサポートされる。リニューアルされた「auメールアプリ」を搭載。購入後の初期設定は3ステップに短縮されている。

     

     主な仕様

     ディスプレイは約6.3インチ、Super AMOLED、2960×1440ドット(QHD+)のInfinity Display。メインカメラは1220万画素×2、インカメラは約800万画素。

     メモリ(RAM)は6GB、ストレージは約64GBで、最大256GBまでのmicroSDXCカードを利用できる。OSはAndroid 7.1。

     

     バッテリー容量は3300mAh。連続待受時間はLTE/WiMAX 2+で約330時間、連続通話時間はVoLTEで約1830分、一般的な使用での持ち時間は約110時間。

     

     

    ニュースリリース(Galaxy Note8)
    http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/10/11/2734.html

     

     

     




    法人向けだけど家庭でも利用したい 壁面埋め込みWi-Fiアクセスポイント

    0


       エレコムは、壁面埋め込み型の無線LANアクセスポイント2製品を10月上旬に発売する。IEEE 802.11ac/n/a/g/b対応の「WAB-S733IW-PD」が9,980円、IEEE 802.11n/g/b対応の「WAB-S300IW-PD」が6,980円。

       

       いずれも法人向けに販売するもので、宿泊施設や集合住宅などの壁面に埋め込むかたちで設置可能。JIS規格のマルチメディアコンセントボックスへの取り付けにも対応する。電源はPoE専用(IEEE 802.3at/af)となっており、本体後部(設置後は壁面内部に隠れる部分)にPoE受電対応のギガビット有線LANポートを装備している。AC電源・配線工事をすることなくLANケーブルの敷設工事だけで導入できる。法人向けとなっているが、条件が整っていれば一般家庭でも利用できそうだ。

       

       本体の大きさは両機種とも45.5×42.7×68.5mm(幅×奥行×高さ)、重量は約81g。本体前面(室内側)にはギガビット対応の有線LANポートも備えており、宿泊者などがPCなどを有線LAN接続することも可能だ。また、TELスルーポートも備えているため、室内へのモジュラージャックの設置もWAB-S733IW-PD/WAB-S300IW-PDで行える。このほか、電源やLEDのオン/オフを切り替えるスイッチを装備する。

       

       

      プレスリリース
      http://www.elecom.co.jp/news/201709/wab-s733iw-pd_s300iw-pd/ 

       

       




      アンテナを3本に増やして接続の安定性を向上、TP-LinkのWi-Fiルーター「Archer C20」

      0

         TP-Linkが11ac対応Wi-Fiルーター「Archer C20」をリニューアルした、型番は同じだが「2017モデル」として発売する。

         

         従来は2本だったデュアルバンドアンテナを3本に増やし、接続の安定性を向上させた。最大通信速度は5GHz帯で433Mbps(11ac接続時)、2.4GHz帯で300Mbps(11n接続時)。

         

         ちょっと残念なのが本体背面の有線ポート、ギガには未対応の100BASE-TX対応のWAN×1ポートとLAN×4ポートを装備する。本体の大きさは230×144×33.5mm(幅×奥行×高さ)、重さは280g。

         

         

        Archer C20製品情報
        http://www.tp-link.jp/products/details/cat-9_Archer-C20.html

         

         

         

         




        Amazonの10型タブレット「Fire HD 10」の新モデル 10月11日に発売

        0


           

           アマゾン・ジャパンは、「Fire HD 10」の新モデルを10月11日に発売する。Amazon.co.jpでは予約の受付を開始している。価格は32GBモデルが1万8980円、64GBモデルが2万2980円。Amazonプライムの会員は4000円引きで購入できる。

           

           

           

           「Fire HD 10」は、10インチ、1920×1200ドットのIPS液晶ディスプレイを搭載する。1.8GHzと1.2GHz駆動のクアッドコアCPUと、2GBのメモリー(RAM)を搭載し、ストレージは32GBか64GBを選択できる。ストレージは256GBまでのmicroSDXCカードに対応する。

           

           Kindle、AmazonビデオなどAmazonのデジタルコンテンツを簡単に利用可能。プライム・ビデオ(一部を除く)はダウンロードにも対応する。OSはFire OS。

           

           バッテリーの駆動時間は最大約10時間、充電時間は5時間未満。充電端子はmicroUSB。大きさは約262×159×9.8mm、重さは約500g。

           

           

           

           

           




          新型iPhone発表、どこがよくなった?

          0

             昨晩というか、本日未明そいうか、日本時間13日の午前2時からのスペシャルイベントで、iPhone XやiPhone8、iPhone8 Plusが発表になりました。頑張って起きてみていたのですが、最初はAppleWatchの発表から、仕事の事を考えるともう無理!ということで、iPhoneの発表前に寝てしまいました。

            左iPhone 8、 右iPhone 8PLUS
             

             

             発表されたiPhone8はiPhone7と何が変わったのでしょう?

            1.ワイヤレス充電に対応した

             ワイヤレス充電(Qi)に対応しました

            2.ビデオ撮影の機能が向上

             4Kビデオの撮影、iPhone 7では、30fpsまで。iPhone8では60fpsで撮影可能。

            3.搭載されているチップの性能がアップ

             iPhone 7に搭載のA10 Fusionチップに比べ25%高速のA11 Bionicチップを搭載

             

             大きく違うところはそんなとこ! ワイヤレス充電やビデオ撮影をやらない人にとっては「なんにもいいことない」と言えます。とりあえず9月15日から予約開始で、発売は9月22日からということです。「iPhone X」は少し遅れて11月発売だそうです。

             

             iPhone X は、5.5インチの有機EL ディスプレイ搭載でホームボタンがなくなり、新認証方式の顔認証Face IDを利用することになります。あと、カメラが広角と望遠のデュアルカメラを搭載します。こちらiPhone7→iPhone8 の進化系とは別の新シリーズとっても良いのではないでしょうか。

             

             とりあえず、そんなとこです。あわててiPhone8にすることないみたいです。いまだにiPhone6Plusを使っている私。値下がりしたiPhone7Plusにする手もありですね!

             

             




            粗悪品は絶対ダメ! 山手線火災の原因はモバイルバッテリー

            0


               昨日の午後、JR山手線車内で男子大学生が背負っていたリュックサックから発火する事故が発生しました。どうやら原因は原因はリュックサックに入れていた「モバイルバッテリー」のようです。

               

               男子大学生は、持っていたモバイルバッテリーについて「2年前くらいに秋葉原で一番安い物を買った。2日前にフル充電した」と話しているとのこと。

               

               JR山手線では昨年(2016年)12月にもモバイルバッテリーが原因の発火事件が発生しています。

               

               モバイルバッテリーに使われているリチウムイオン電池は、小型で大容量なのが特徴ですが、反面衝撃に弱い、適切な電圧制御をしないと発火し易いことが知られています。

               

               モバイルバッテリーは危険と隣り合わせ! 市場には粗悪品も結構出回っているのも事実です。対策は、信頼できるメーカーのモバイルバッテリーを購入するのが一番です。

               

               最近は、電池メーカーであるソニーやパナソニックがモバイルバッテリーを出荷していません。今一番信頼できるモバイルバッテリーのブランドは「cheero」か「Anker」でしょうか。このどちらかを購入しておけば間違いないでしょう。

               

              ↓ これらはほんの一例です

               

               

               

               

              ◆モバイルバッテリー比較表


              AUKEY、ポータブルBluetoothスピーカーとモバイルバッテリーが合体した製品を発売

              0


                 モバイルバッテリーなどで知られるAUKEYは、モバイルバッテリーとしても利用できるポータブルBluetoothスピーカー「SK-A2」を発売した。

                  

                  「SK-A2」は、スマートフォンに近いボディサイズで、出力3.5Wで33mmのドライバーを2基搭載する、ポータブルBluetoothスピーカー。パッシブラジエータで力強い低音の再生も可能になっている。マイクが搭載され、スマートフォンとペアリングした際にはハンズフリー通話も可能。高性能マイクにより数人での電話会議でも高品質なハンズフリー通話が可能。これは凄い!

                 

                 

                 

                 内蔵するバッテリーは容量2200mAhの充電式。このバッテリーはBluetoothスピーカーの駆動に利用するほか、スマートフォンなどを充電できるモバイルバッテリーとして使うこともできる。連続再生時間は50%の音量で約6時間、充電にかかる時間は約2.5時間。USBの入力と出力(給電)はどちらも5V 1A。大きさは約140×76×25mm、重さは約225g。

                 

                AUKEY、日本向けWebサイト
                https://jp.aukey.com/

                 

                 




                OCN モバイル ONEで動画視聴などに効果のある混雑緩和策が9月27日から運用開始

                0

                   NTTコミュニケーションズは、「OCN モバイル ONE」において、トラフィックコントロール装置の機能を活用した通信速度の改善策を実施する。主に動画などの大容量の通信を最適化して混雑の緩和を図るもので、9月27日から運用が開始される。ユーザーによる設定や申込みは不要。

                   

                   

                   今回の取り組みでは、利用が集中し混雑する時間帯において、トラフィックコントロール装置の機能を活用した「https通信のペーシング」が実施される。これは、暗号化通信であるhttps通信が行われる際、トラフィックコントロール装置によりパケットの送信ペースを最適化(ペーシング)し、混雑時に発生するパケットの再送を抑制してパケット量の増大を抑え、通信速度の低下を防ぐというもの。といわれてもよくわかりませんね!

                   

                   https通信は、暗号化通信としてログイン操作を伴う多くのWebサイトで導入されており、YouTubeをはじめとする動画サイトでも使用されている。混雑時におけるパケット送出の最適化により、ネットワーク全体のパケット量が適切に保たれ、「OCN モバイル ONE」の利用者全体の通信速度の改善に貢献するとしている。

                   また、動画視聴時に一般的に行われるデータの先読み(バッファリング)についても、トラフィックコントロール装置でパケットの送信ペースが調整され、バッファリングデータの量がコントロールされる。

                   同社はこれまでも、通信開始時の速度を向上させるバースト転送機能や、トラフィックコントロール装置の導入で通信速度やコンテンツ表示時間の改善するといった、通信品質を向上させる取り組みを実施している。

                   

                   

                  ニュースリリース
                  http://www.ntt.com/about-us/press-releases/news/article/2017/0907.html

                   




                  エレコムから完全ワイヤレスイヤホンが発売に 

                  0


                     エレコムは、Bluetoothの完全ワイヤレスイヤホン「LBT-TWS01シリーズ」を9月上旬に発売する。

                     

                     

                     

                    「LBT-TWS01シリーズ」は、左右が独立した完全ワイヤレスのBluetoothイヤホン。

                     写真でもわかるように、左右を繋ぐケーブルがないため、ヘアスタイルを問わず装着できる。直径6mmの外磁型ダイナミックドライバーを搭載。内部構造を左右対称にし、音響条件が統一したことで、広がりのあるステレオ再生が可能という。マイクを搭載し、通話にも対応するというから驚きだ!。

                     約2.5時間の連続再生が可能。充電は付属の専用ケースに装着して行う。ケースはイヤホン本体を4回満充電にできる容量のバッテリーを搭載する。ケースの給電端子はmicroUSB。

                     Bluetooth 4.1で、A2DP/AVRCP/HFP/HSPをサポート。対応コーデックはSBC。イヤホン部の大きさ(片耳)は約25×18×26mmで、重さは約12g。充電ケースの大きさは約64×30×33mmで、重さは約35g。

                     

                     

                     

                    ニュースリリース(完全ワイヤレスイヤホン)
                    http://www.elecom.co.jp/news/201708/lbt-tws01/

                     




                    11n対応ルーターが2680円! オンライン限定で発売

                    0

                       TP-Linkは、IEEE 802.11n/g/b対応の無線LANルーター「TL-WR940N」をAmazon.co.jp、楽天市場、Yahooショッピングの各オンラインショップ限定で発売した。価格は2680円(税込)。

                       

                       TL-WR940Nは、2.4GHzのみに対応する安価な無線LANルーター。3本の固定式アンテナを装備し、最大通信速度は450Mbps。WPSやIPベースのQoS機能に対応する。ルーターモード以外に、ブリッジモードや中継器モードでの動作も可能。今どきの無線LANルーターはIEEE 802.11ac対応が当たり前だが、本製品は未対応なので注意が必要だ。安いのには理由があるってことだ。

                       

                       本体背面には100BASE-TX対応のLANポート×4とWANポート×1を装備する。本体サイズ(幅×奥行×高さ)は230×144×33.5mm、重量は0.27kg。

                       

                       

                      IEEE 802.11acには対応しないが11nに対応 】

                      450Mbps無線LANルーター TL-WR940Nは、中小企業および一般家庭での使用に向けて設計された無線LANルーターです。
                      MIMOテクノロジーを採用したTL-WR940Nは、優れた無線LANパフォーマンスを発揮し、HDビデオ、VoIP、オンラインゲームのストリーミングにも最適です。

                       

                       

                       

                      TL-WR940N
                      http://www.tp-link.jp/products/details/cat-9_TL-WR940N.html

                       

                       




                      | 1/152PAGES | >>