calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

Links

 

理系英語マラソン 基礎コース インプット・ラボ

バッファロー、10G/5G/2.5Gマルチギガビット対応の LANボード「LGY-PCIE-MG」

0

     バッファローは、10GbE/5GbE/2.5GbE/GbE/100MbE対応のPCI Express用LANボード「LGY-PCIE-MG」を発売開始した。価格はAmazonで2万2896円(税込)。

     

     LGY-PCIE-MGは、10GBASE-Tや1000BASE-Tに加え、Cat5e/6ケーブルで規格値最大2.5Gbps/5Gbpsの通信が可能なIEEE 802.3bz(2.5/5GBASE-T)に対応したLANボード。

     

     製品を増設したデスクトップPCと10GbE対応のNAS・スイッチによる10GbE環境とGbE環境の比較では、大容量データの転送時間を約66%短縮。また、10GBASE-T環境では一般的にCat6Aより上位のケーブルが必要とされるが、2.5/5GBASE-Tにも対応することで、既設のCat5e/6ケーブルのままでもLAN環境の高速化を可能にする。

     

     

     

     

    プレスリリース
    http://buffalo.jp/news/2017/08/09_02/

     


     


    やっぱり自撮り棒は便利。正しく使えば問題なし!

    0

       一時自撮り棒のマナーが問題になったことがありましたが、ちゃんとルールを守って使う限り、人に撮影してもらったかのように“自撮り"ができるので大変便利です。

       

       新発売のエレコム “P-SSB01シリーズ”は、Bluetoothを採用したワイヤレスタイプで、スマートフォン本体とシャッターボタンをケーブルでつなぐ必要がありません。Bluetooth3.0に対応し、Bluetooth搭載のiPhone、Android端末などで使用できます。スティックは最大約101cmまで伸長し、最大15人(目安)が一緒に写真撮影できます。

       

       シャッターボタンは、ワイヤレスリモコンタイプで、スティック部分に装着して使用できるだけでなく、取り外して使用することができますので、シャッターボタンを押す時の手ブレを軽減することができます。

       

       

       

       




      新規格(USB PD)搭載のバイルバッテリーがAnkerから

      0

         携帯電話(スマートフォン)等に対する充電関連技術は日進月歩ですね。QC2.0からQC3.0へ、USB Type-Cの登場からそんなに経たないのに、今度はUSB Power Delivery(USB PD)対応の「Anker PowerCore+ 26800 PD」がアンカー・ジャパンから発売されました。同時に第2世代に進化した「Anker PowerCore Speed 20000」も発売になっています。

         

         「Anker PowerCore+ 26800 PD」は容量2万6800mAhのモデル。最大30W出力のUSB Power Delivery(USB PD)に対応したUSB Type-Cポートを装備するほか、最大5V 3AのUSB Type-Aポートも2つ装備している。大容量によりiPhone 7を10回以上、MacBook Pro(13インチ)も1回以上充電できる。

         また、パッケージに同梱される急速充電器「PowerPort Speed PD 30」とUSB Type-Cのケーブルを利用すれば、本体のバッテリーを27W入力で急速充電でき、従来の約3倍にあたる約4.5時間で満充電にできる。

         

         USB PDの出力は5V 3A、9V 3A、15V 2A、20V 1.25Aに対応。USB PDの入力は5V 3A、9V 3A。通常のUSBポートの出力は各ポートで5V 3A。

         大きさは約180×80×24mmで、重さは約580g。

         

         

        製品ページ
        https://jp.anker.com/products/B1375111

         

         

        【Anker PowerCore Speed 20000】

         「Anker PowerCore Speed 20000」は容量2万100mAhのモデル。出力だけでなく入力もQualcomm Quick Charge 3.0に対応し、従来モデルの2倍の速さで本体を充電できる。また前モデルにあたる「Anker PowerCore Speed 20000 QC」よりもコンパクトになった。

          USBの通常の出力は5V 2A。Quick Charge 3.0の出力は、5〜8V 3A、8〜10V 2.4A、10〜12V 2A。Quick Charge 3.0の入力は5〜7V 2A、7〜9V 2A、9〜12V 1.5A。

         大きさは約166×62×22mmで、重さは約369g。

         

         

        製品ページ
        https://jp.anker.com/products/A1278011


         




        海外旅行に最適! モベルの海外向けSIMカード、使わなければずっと無料

        0


           モベルコミュニケーションズリミテッド日本支店は、世界190カ国で音声通話とSMSが利用できる「ワールドSIMカード」の販売を開始した。Amazon.co.jpでの価格は2000円(税込)で、有効期限がない1000円分の無料通話がつく。

           

           

            ワールドSIMカードは、世界190カ国で通話とSMSが利用できる。残念ながらデータ通信は利用できない。通話料は、地域によって異なり、たとえば英国では着信無料、英国内での発信は90円(1分あたり)、その他の国への電話は180円。日本からの渡航者が多い米国では着信が1分180円、発信が380円となる。

           

            ワールドSIMカードはモベルのウェブサイトでも販売していますが、Amazonで購入すると、限定特典の無料通話1,000円付き! しかしAmazonで購入したワールドSIMカードは、商品到着後にアクティベーション作業(開通手続き)が必要となります。モベルのウェブサイトで販売しているワールドSIMカードはアクティベーション作業が不要です。さあ、あなたならどちにする?

           ワールドSIMカードの一番いい所は、イギリスの携帯番号が一生利用できるというところ、使わない時には料金が発生しない維持費0円! 電話とSMSしか使えないけど持っている価値ありです。

           

           

           

           

          ワールドSIMカード
          https://www.mobell.co.jp/products/international-cell-phone-purchase/

           

           

           


           


          夜のプールサイドをムーディーに演出する、防水イルミネーションスピーカー「JBL PULSE 3」

          0

             今年は夜間にプールへ行くのが流行しているようです。特に東京タワーの夜景を望むプールが人気だとか!! プールといっても泳ぐためにいくわけではありません! 写真を撮ってSNSにアップするのが目的だとか! そんな夜のプールに最適なBluetoothスピーカーが、JBLブランドのハーマンインターナショナルから発売されます。「JBL PULSE 3」で8月12日に発売を予定しています。価格は2万2880円(税抜)。

             

             「JBL PULSE 3」はマルチカラーLEDを搭載し、音楽にあわせたカラフルなイルミネーションを楽しめるBluetoothスピーカー。IPX7相当の防水対応で、プールサイドやビーチといったレジャーシーンや、キッチンなどでも水ぬれを気にすることなく利用できる。

             スピーカーユニットは筒型の筐体の下部に3基を配置。360度に広がるサウンドを実現した。低音用にパッシブラジエーターを搭載する。

             

             

             

             iOS/Androidアプリ「JBL Connect」と連携し、イルミネーションの光り方をカスタマイズできる。部屋の壁紙などを撮影すると、その色で光る機能も搭載する。また、ワイヤレス同時再生機能「JBLコネクトプラス」をサポートし、同機能に対応するスピーカーを100台以上連動させて、同じ音楽を再生できる。

             

              スピーカーユニットは40mm×3基。周波数特性は65Hz〜20kHz。内蔵バッテリーは約4.5時間の充電で、最大約12時間の再生に対応。給電端子はmicroUSB。大きさは約223×92×92mmで、重さは約960g。カラーはホワイトとブラックの2色。

             

             

             

             

             

            ニュースリリース
            https://www.harman-japan.co.jp/info/news/release/20170803_1/

             




            吹奏楽や合唱トレーナーの必需品! ローランドの合奏練習用キーボード「JUSTY」

            0

               ローランドは、吹奏楽や合唱などでハーモニーやリズムを練習するためのキーボード「JUSTY」(HK-100)を9月下旬に発売する。価格は5万円前後を予定している。

               

               

               「JUSTY」は、合奏練習で必要な機能を備えた練習用キーボード。純正律と平均律の切り替え、メトロノームの設定やオクターブの変更をワンタッチで設定できるボタンを搭載する。61鍵のピアノタイプ鍵盤を備え、ピアノのほか、ハープ、チェレスタ、チャイム、打楽器といった音色を備え、伴奏用楽器としても活用できます。

               

               それだけじゃあないんです。今どきのガジェットはiPad/iPhoneと接続し、iOSアプリからの遠隔操作に対応するんです!

               指揮者の立ち位置からキーボードを操作して演奏バランスを確認したり、複雑なリズムや音階の設定をiPadの大きい画面で操作したりといったように使えます。このほか、Bluetoothスピーカーのように、音楽データやYouTubeの音声などを再生することが可能です。

               

               大きさは約877×271×82mm、重さは約3.9kg。

               

              「JUSTY リモート」(専用iOSアプリ)

               

               


              ニュースリリース
              https://www.roland.com/jp/news/0757/


              製品情報
              https://www.roland.com/jp/products/justy_hk-100/?lang=ja-JP

               




              NTTレゾナント、gooSimsellerでお盆休み直前セール 「VAIO Phone A」「HUAWEI P10 lite」が安い

              0


                 NTTレゾナントは、SIMロックフリーのスマートフォンなどを販売するオンラインサイト「gooSimseller」にて、「お盆休み直前セール」を8月9日まで開催している。いずれもMVNOの通信サービス「OCN モバイル ONE」とのセットで、スマートフォンが最大7000円引きで販売されている。

                 

                 「お盆休み直前セール」の一例は、「VAIO Phone A」が7000円引きの1万5800円、「HUAWEI P10 lite」が4000円引きの1万9800円。これら2機種は端末とSIMカードが同時に届く「らくらくセット」で、音声通話SIM限定となっている。

                 

                 その他、「HUAWEI nova」が5000円引きの2万9800円、「HUAWEI nova lite」が3000円引きの1万6800円、「Fleaz Que」が1000円引きの8800円、モバイルWi-Fiルーターの「Aterm MR05LN」が4200円引きでクレードル付きが1万8800円、クレードルなしが1万6800円となっている。

                 

                「お盆休み直前セール」
                https://simseller.goo.ne.jp/ext/lp/2017obonsale.html




                NEC、宅内用のSIMロックフリーLTEルーター「Aterm HT100LN」

                0

                   NECプラットフォームズ株式会社は、宅内用のSIMロックフリーLTEルーター「Aterm HT100LN」を8月1日に発売すると発表しているが、Amazonでの販売はもう少し先になりそうだ。オープンプライスだが、市場想定価格は1万6500円。

                   

                   同社のWi-Fiルーター「Atermシリーズ」初となる宅内用SIMロックフリーLTEルーターを商品化。WAN側の回線にLTEを使用する方式のため、宅内の回線工事不要でインターネットの利用を開始できるのが特徴。また、SIMロックフリーのため、ユーザーの用途に合わせてSIMを選択可能。例えば、一人暮らしを始めるのに費用を抑えたい人、ADSLサービスの終了に伴い別のインターネット環境へ移行したい人など、回線工事不要ですぐにインターネット環境を構築できるとしている。

                   

                   接続確認済みのLTEサービスリストを8月1日より製品情報サイト「Aterm Station」にて公開予定。

                    本体の大きさは130×130×37mm(幅×奥行×高さ)、重量は約0.2kg。電源はACアダプター方式。

                   

                   

                  プレスリリース
                  https://www.necplatforms.co.jp/press/201707/20170718_01.html

                  「Aterm HT100LN」製品概要ページ
                  http://121ware.com/product/atermstation/product/mobile/ht100ln/

                   




                   


                  オウルテック、折り曲げ耐性5万回のタフネス充電ケーブル

                  0

                     オウルテックは、5万回の折り曲げ試験をクリアした、断線に強いスマートフォン用充電ケーブル「超タフストロングケーブル」シリーズを8月25日に発売する。

                     

                     「超タフストロングケーブル」は、同社が現在展開している「ストロングケーブル」シリーズの上位版で、5万回の折り曲げ試験を新たにクリアしているのが特徴。引っ張り強度や、ペットが噛むといった切断への耐性も高めたほか、ケーブル自体の曲げやすさ向上させて使い勝手も高めた。ペットが噛むというのは結構盲点ですね。我が家でも犬を飼っていたことがありましたが、AC100Vのケーブルを何回かかじられて被覆がむけたことがありました。充電ケーブルだったら切れていたでしょうね!?

                     

                     ケーブルの付け根部分は独自形状のロングブッシュ設計によりプラグの付け根部分の断線に強くした。ケーブル内部には防弾チョッキなどに使われているアラミド繊維を採用し、引っ張り強度も高めた。ケーブル被覆部は新型の強化メッシュとし、傷が付くことを防ぎながら柔らかさも実現している。

                     

                     【ライトニングケーブル】

                     

                     

                     

                     

                     

                    【USB Type-C】

                     

                     

                     

                     

                    オウルテック
                    http://www.owltech.co.jp/

                     



                     


                    アイ・オー、iOS/Android両対応の「CDレコ」発売

                    0

                       アイ・オー・データ機器は、スマートフォンに接続するCDドライブ「CDレコ」の新製品として、iOS/Android両対応のケーブル接続タイプ「CDレコ(CDRI-LU24IXA)」を発売する。価格は1万2800円(税抜)。

                       

                       

                       「CDレコ」は、スマートフォン・タブレットに接続できるCDドライブ。CD音源の再生や楽曲のリッピング、曲情報やアルバムアートの追加、オリジナルCDの作成(書き出し)などを、パソコンを使わず行える。今までもiOS用、Android用と対応毎に別の製品だったが、今回の「CDRI-LU24IXA」は有線ケーブルで接続するタイプで、iOS端末用のMFi認証取得のLightningケーブルと、Android端末用のmicroUSB/USB Type-Cケーブルが付属。接続する端末を選ばず利用できる。

                       

                        電源は付属のACアダプターを利用する。別売の対応ケーブルを利用することで、モバイルバッテリーからの給電にも対応する。楽曲の読み込みファイル形式がiOSがAAC/ALAC、AndroidがAAC/FLAC。音質設定は5段階から選べる。大きさは約145×174×16mm、重さは約300g(ACアダプターを含まない)。

                       

                       

                      「CDレコ(CDRI-LU24IXA)」製品情報
                      http://www.iodata.jp/product/smartphone/goods/cdri-lu24ixa/

                       

                       

                       


                       

                       


                      | 1/150PAGES | >>