calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

categories

archives

Links

 

理系英語マラソン 基礎コース インプット・ラボ

サンワサプライ、iPad/iPhone用タブレットスタンド内蔵Bluetoothキーボードを発売

0
    ◆毎日チェックAmazonタイムセール
    ◆Amazon.co.jp限定商品ストア
    ◆Amazonファッションファイナルセール

     サンワサプライは、iPad/iPhone用のスタンド付きBluetoothキーボード「SKB-BT28BK」を4月15日に発売する。

     

     

     SKB-BT28BKは、ホームボタンやコマンドボタン、オプションボタンなどが用意されたiOS端末向けのキーボード。裏面にスタンドが内蔵されており、引き出すことでiPadやiPhoneを立てかけて使うことができる。キー数は78で、英語配列。キーピッチは19mmとなる。

     

     Bluetooth 3.0をサポートしており、3台までのマルチペアリングに対応。単4電池2本で約125時間動作する。電源スイッチも用意されており、使用しない時はオフにして電池を節約できる。

     大きさは286×128×17mm、重さは410g(電池含まず)。対応OSはiOS 11〜9.0。

     

     

    ニュースリリース
    https://www.sanwa.co.jp/news/201804/skb-bt28bk/index.html

     

     

     

     


     


    iPhone修理キットがあるからって、やるのは自己責任で

    0
      ◆毎日チェックAmazonタイムセール
      ◆Amazonダイエットストア
      ◆Amazonファッションファイナルセール

       「iPhone修理キット」、これを使って実際iPhoneの修理をする人がどのくらいいるかわかりませんが、とにかく世の中にはこんな商品が存在するんですね!?

       

      「ORIA ドライバーセット iPhone修理キット 76in1 for PC メガネ カメラ 時計 PS4 ipad」どうやらiPhone修理専用のものではなさそうです。

       

       充実の56種類ビットは多数のスマホ、パソコン、カメラ、ゲーム機、おもちゃ、メガネ、時計など対応できる。

       

       滑り止め静電気防止ハンドル、エクステンションバー、フレキシブルシャフト、磁気ドライバー、一つ一つ実用性がアップする。

       

       二つiPhone7/iPhone7+専門用のビット、更に静電気防止用リストストラップ、静電気防止ピンセット、SIMカードイジェクタピン、LCDサクションカップなどスマホ専門修理アイテムも用意する。

       収納ナイロンパックサイズ:25cm*12cm*4.5cm、部品が全部収納できる、携帯も便利。
      24/7 顧客サービス・12月 交換可能・60日 マネーバック保証。

       

       

       

       




      ついにAmazon Echoが一般販売開始、4月3日から

      0
        ◆毎日チェックAmazonタイムセール
        ◆Amazon.co.jp限定商品ストア
        ◆Amazonファッションファイナルセール


         アマゾンジャパンは、スマートスピーカー「Echo」(エコー)シリーズの一般向けの販売を4月3日から開始する。予約は3月30日から。

         

         今まで、Echo関連製品は招待制で展開され、抽選のような形で一部のユーザーに販売されていた。4月3日からはEchoシリーズがAmazon.co.jpで販売されるほか、すぐに届く「Prime Now」で購入することも可能になる。さらに、「Echo」「Echo Dot」は、エディオン、ケーズデンキ、ジョーシンなどの家電量販店1000店舗でも販売される。

         

         Amazon.co.jpでの販売価格(税込)は、「Echo Dot」が5980円で、期間限定で1500円引きの4480円で販売される。

         

         「Echo」は1万1980円で、マルチルームオーディオ用として2台同時に購入すると3000円引きになるキャンペーンも開始する。

         

         一般販売になったということは、何台でも買えるようになったということだ。使ってみて各部屋に欲しいと感じている人も多いはず(私もその一人だ!)。これからは必要な台数が購入できる。

         

         

        ニュースリリース
        https://amazon-press.jp/Top-Navi/Press-releases/Presselist/Press-release/amazon/jp/Devices/2018/20180330_Echo_Japan_GA/

        「Echo」シリーズ製品情報
        https://www.amazon.co.jp/b/?ie=UTF8&node=5364343051

         

         

         

         

         




        ネットネットギア、コンセント直挿し型の11ac無線LAN中継器「EX6110」発売

        0
          ◆毎日チェックAmazonタイムセール
          ◆Amazonダイエットストア
          ◆Amazonファッションファイナルセール

           ネットギアジャパンは、IEEE 802.11ac/n/a/g/bに対応するコンセント直挿し型の無線LAN中継器「EX6110-100JPS」を3月28日に発売する。Amazonで予約受付だ。

           

           「EX6110-100JPS」は、5GHz帯のIEEE 802.11ac/n/a、2.4GHz帯のIEEE 802.11n/g/bに対応しており、最大通信速度は867Mbps(5GHz帯接続時)または300Mbps(2.4GHz帯接続時)。

           

           5GHz帯と2.4GHz帯を同時利用する通常モードでの利用のほかに、中継用・子機接続用に使用する周波数帯をいずれかに限定して電波干渉を防ぎ、通信性能を向上する「FastLaneテクノロジーモード」が利用可能(下図参照)。

           混雑しているチャンネルを見つけたり、信号強度や周辺の電波状況を確認して無線LANの状態を最適化できるWindows/Android用アプリ「NETGEAR WiFi Analytics」に対応。WPSボタンによる無線LANの接続設定にも対応する。

           

           本体の大きさは72.5×64.8×72.5mm(幅×奥行×高さ)、重さは152g。

           

           

          プレスリリース
          https://www.netgear.jp/supportInfo/NewsList/406.html

           

          製品情報
          https://www.netgear.jp/products/details/EX6110.html

           

           

           




          モバイルWi-FiルーターになるUSBドングル

          0
            ◆Amazonダイエットストア
            ◆DMM mobile
            ◆Amazonファッションファイナルセール

              USBからの電源供給で動作するモバイルWi-Fiルーター。バッテリーを持たないので不便そうに見えるが、バッテリー劣化や電源ON/OFFの煩わしさがなく、USBに挿せば電源ONという単純さがいい!

            パソコンのUSBポートに挿せばUSBポート経由の通信も行える(無線LANの電波を止める設定が可能)。

             

            USBのACアダプタやモバイルバッテリーで利用すれば、単なるWi-Fiルータとしても使える、電源を管理すれば一定時間だけネットにつなげるという環境が簡単に作れるのがウレシイ! 例えば、車載のUSBポートに挿せば、エンジンが回っている間だけ通信できる。

             

             

             

             

            また、汎用の電源タイマーとUSBアダプターと組み合わせれば、必要な時間だけネットにつなげることができる。通信回線のない場所にIoT機器を置いておくような場合に威力を発揮しそうだ。

             

             

            SIMフリーでLTE対応なのはこの製品だけ! バンドは2GHz帯(バンド1)のほか800MHz帯(バンド19)と1.8GHz帯(バンド3)に対応するので、ドコモの無線ネットワークを使う上でエリアの問題もない。

             

             

             

             




            メニュースタンド型モバイルバッテリー 何のことでしょう??

            0
              ◆Amazonダイエットストア
              ◆DMM mobile
              ◆Amazonファッションファイナルセール

               デバイスネットは、メニュースタンド型のモバイルバッテリー「menu-ba C(メニューバC)」を発売した。

              メニュースタンド型のモバイルバッテリーって何でしょう? 想像ができません!

               「menu-ba C」は、飲食店や店舗のカウンターに置かれているメニュースタンドとモバイルバッテリーが一体化したデバイスらしいです。来店客への充電サービスをコンセントの増設工事なしで実現できるってことのようです。そこまでして充電サービスを提供する必要があるんでしょうか? スマホの充電は客がなんとかするって!?

               

               

               

              これを設置するとこんなメリットがあるそうです。

               

               

               

                バッテリー容量は1万mAhで、スマートフォン約4台を満充電にできる。付属のケーブルはmicroUSB、USB Type-C、Lightningの3端子を備え、USB Aポートも1基装備。同時に最大4台のスマートフォンへ給電できる。盗難防止用にセキュリティロックがかけられる仕様となっている(これを知って少し安心しました(笑))。

               

               

              「menu-ba C」製品情報
              http://www.devicenet.co.jp/product/dn/dn-menu-c-sv.html

               

               

               

               




              QRコードが印刷できるラベルライター アイデア次第で便利に!

              0
                ◆毎日チェックAmazonタイムセール
                ◆Amazon.co.jp限定商品ストア
                ◆Amazonファッションファイナルセール

                 ラベルプリンターって、テープに文字が印刷できるあれでしょ?

                 

                今回発売されたブラザーのラベルプリンター「P-TOUCH CUBE PT-P710BT」、スマホと接続すれば想像以上の有用さを発揮してくれます!

                 

                  この製品は、専用アプリをインストールしたiOS/Androidのスマホと、Bluetoothで接続して利用できます。「名札シール」的なラベルシールをキレイに作成できるのは当然のこと。加えて特徴的な機能は「QRコード印刷機能」を備えている点です。

                 この「QRコード印刷機能」は、URLの文字列をQRコードに自動変換してラベルに出力できるものです。例えばQRコードに電化製品の取扱説明書のページを紐づけておけば、取扱説明書が読みたくなった時いつでも誰でも簡単にアクセスできます。 

                 

                 この他にも、アイデア次第で便利に使えること間違いなしの逸品です。

                 

                 

                製品情報
                http://www.brother.co.jp/product/labelwriter/special/cube/product710/

                 




                モバイルで固定IP、しかもプリペイド!?

                0
                  ◆Amazon.co.jp限定商品ストア
                  ◆Amazonファッションファイナルセール


                   固定IPアドレス付与のSIMカードにプリペイド版が登場。

                   

                   モバイル通信で固定IPアドレスなんて想像もしてなかったのに、さらにプリペイド版だっていうから驚きだ!

                   

                    WITH Networksは、固定IPアドレスを付与するデータ通信サービスのMVNO「イプシム」において、プリペイド方式のSIMカード「イプシム・プリペイド」を発売した。当初はAmazon.co.jpで販売する。

                   

                   「イプシム・プリペイド」は、グローバルIPアドレスが固定で付与されるデータ通信専用SIMカードで、料金のプリペイド方式で支払うのが特徴。ネットワークはドコモ網を利用する。導入にあたって、後払いの通常プランのような契約や開通作業は不要なほか、有効期限内に手続きすることでポストペイの通常プランに切り替えることも可能。有効期限の延長にも対応する予定。プリペイド版は、IoTやM2Mなどでの、一時的な検証・デモ環境での利用や、短期間の利用に最適としている。

                   

                  「イプシム・プリペイド」
                  https://ipsim.net/biz/plans/prepaid.html

                  「イプシム」法人向け案内ページ
                  https://ipsim.net/biz/

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                   


                  JR東日本の新幹線Wi-Fi 前倒しで5月から提供

                  0

                     JR東日本は、新幹線の車内Wi-Fiサービスの提供時期を2018年夏から2018年5月に前倒して提供すると発表した。山形新幹線や中央線特急「スーパーあずさ」など、当初対象外とされていた路線にも導入される。

                     東北・北陸・秋田新幹線では、2018年5月より、Wi-Fi設備を備えた車両が走るようになる。導入対象の車両はE5系、E6系、E7系。Wi-Fi対応は車両改修や新車投入により、順次実施され、2019年5月までに全編成でサービスが提供される見通し。

                     

                     山形新幹線では、2018年度より開始されるE3系の車両改修により、順次Wi-Fiサービスが提供される。2019年度内に全編成がサービスに対応する予定。

                     中央線を走る特急「スーパーあずさ」のE353系には、2018年12月からWi-Fi対応の車両改修が実施される。2019年12月までに全編成でサービスが提供される見込み。

                     

                    ニュースリリース(JR東日本、PDF形式)
                    http://www.jreast.co.jp/press/2017/20180216.pdf

                     




                    アイ・オーのWi-Fiルーター「WN-AX2033GR」、最新ファームでIPv6(IPoE)に対応

                    0
                      ◆Amazonダイエットストア
                      ◆DMM mobile
                      ◆Amazonファッションファイナルセール

                       アイ・オー・データ機器は、IEEE 802.11ac対応の無線LANルーター「WN-AX2033GR」に対応する最新版ファームウェア「Ver.2.00」を公開した。これにより「IPv6(IPoE)」に対応した。

                       

                       

                       IPv6(IPoE)は、ネイティブ接続のIPv6通信方式。フレッツ網を使ってISPに接続する際の認証機能であるPPPoEを利用せずに済むため、回線の混雑などによる速度低下を避けることができる。最新ファームウェアでは、IPv6通信だけでなく、IPv6(IPoE)回線で従来のIPv4による通信を可能とする「IPv4 over IPv6」のサービスを提供する「v6プラス(MAP-E)」と「transix(DS-Lite)」にも対応している。

                       

                       IPv6(IPoE)を利用するには、別途ISPへの申し込みが必要。動作確認を行ったISPは以下のサービス

                       

                      インターネットイニシアティブ:(IIJ) IIJmioひかり(IPoEオプション)、IIJmio FiberAccess/NFサービス
                      株式会社インターリンク: ZOOT NATIVE
                      ニフティ株式会社(@nifty) :v6プラス
                      ビッグローブ株式会社(BIGLOBE): IPv6オプション
                      株式会社DMM.com(DMM光): v6プラス
                      メディアウェイブシステムズ株式会社: Hybrid64
                      株式会社ネットフォレスト(Gaming+) :v6プラス

                       

                       WN-AX2033GRは、2016年11月に発売された製品。4ストリームのIEEE 802.11acに対応しており、最大通信速度は1733Mbps。最適化されたF型アンテナ(PIFA)により、上下・左右・奥行き360度全方向に電波を届かせる「360コネクト」技術の搭載が特徴。「MU-MIMO」や対応機器を限定しない「ビームフォーミングW」のほか、QRコードを読み取るだけで設定できる「QRコネクト」、WPSボタンによりSSIDとパスワードをほかのWi-FIルーターから移行できる「Wi-Fi設定コピー」、「ネットフィルタリング」の各機能を搭載する。

                       

                       

                      プレスリリース
                      http://www.iodata.jp/news/2018/information/news_wnax2033gr_ipv6.htm

                      WN-AX2033GR
                      http://www.iodata.jp/product/network/wnlan/wn-ax2033gr/index.htm

                       




                      | 1/155PAGES | >>